いってきた オススメ 育児

東京近隣で実際に利用した子供の遊び場のまとめ

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

おはこんばんにちは、ゆーやです。

今日は、タイトル通りで、東京近隣にあって実際に利用した子供の遊び場をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 東京近隣で子供の遊び場を探している方

子供の遊び場

浜松町の「CULAFUL」

浜松町にあるCULAFULは、他の子どもの遊び場に比べると少し手狭ですが、滑り台のしたに秘密のトンネルみたいなのをつけたりと、その敷地を余さず活かそうという取り組まれているという印象がありました。また、旅館の温泉のように外の景色が見下ろせるように見晴らしの良い空間になっており、これは他の遊び場では見られないなと思います。

さらに、この遊び場ですが、子供用のカフェが併設されていて、飲食も済ませることができます。ただし、このカフェは遊び場に入場していないときでも利用できるので、利用時間前後に使うと良いと思います。

四谷三丁目の「東京おもちゃ美術館」

四谷三丁目の「東京おもちゃ美術館」は、小学校をリノベーションして出来た遊び場です。木を基調にしていて、温かみがある空間でお勧めです。

ここで遊べる手作りの玩具は購入することも出来ます。

また、この遊び場の近くに、子供も入りやすいお店があり、こちらと併せて使われるといいかなと思います。

船橋のららぽーとTOKYO-BAYにある「キドキドボーネルンド」

船橋のららぽーとにあるTOKYO-BAYにある「キドキドボーネルンド」は、他のキドキドと同じく色々な遊び方が出来るスペースが広がっていてお勧めです。

印象的だったのが、ボールプールにあるブランコです。

東京ドームシティーにある「ASOBono(アソボーノ)!」

東京ドームシティーのASOBonoは子供の遊び場としては、最も広い空間かもしれません。本当に色んな遊ぶエリアがあって楽しいのでお勧めです。予約が出来kじゅy、並ぶ可能性があるの

さいたま新都心の「キドキドボーネルンド」

さいたま新都心の商業施設のコクーンにある「キドキドボーネルンド」は10回以上利用していると思います。ここは本当に色々な年ごろの子供が遊べる遊具があります。また、コクーン内はフードコートや映画館をはじめとして、色々なお店が入っていたり、外には小さいですがアスレチックスペースが在ったり、遊歩道?みたいな公園もあったりするので、1日中ここで過ごすことが出来ます。

観たい映画があったときは、パパとママが交代で観に行くようなことも出来ました。

アリオ川口の「ソユーひみつの森」

埼玉の川口にあるアリオという商業施設にある、ソユーひみつの森は上で紹介している遊び場の中では小さめですが、大人の利用料が発生しないのでお財布にやさしいです。

アリオには遊び場だけでなく、外に子供を遊ばせられる大きな芝生があります。また、赤ちゃん本舗をはじめとして子供の為のお店が色々ありますし、フードコートもあって子供と過ごしやすい場所です。

キッズ専用レストラン

池袋のサンシャインにある「THE DOME」

池袋のサンシャイン60の59階にあるTHE DOMEは、子供を遊ばせられるスペースのあるレストランです。実際に行ってみた感想は、思ったより狭いのと、遊ぶための玩具がボロボロだった点です。期待していくとちょっとがっかりします。

自然に触れ合う

池袋にある「南池袋公園」

南池袋公園は、利用できる期間が限られているのですが、ブルーシートを引いて自然と親しめられる場所です。カフェが併設されていますが、予約しないと利用するのが難しいです。池袋の中で自然に親しめるという意味だとレアな空間だと思います。

新宿にある「新宿御苑」

新宿御苑は、説明不要だと思いますが、広大な敷地でブルーシートをはって遊べる空間です。広い園内にはいくつか売店があるので、そこを利用することも出来ますが、持ち込みするのがおすすめです。あとは、日向と日蔭で体感温度が大きく変わるので、利用する時期に応じて、どこにブルーシートを敷設するかを検討したほうが良いです。

竹ノ塚にある「舎人公園」

ここは、1日だと遊びきれないほど広大な敷地があり、本格的に自然と親しめます。敷地内には釣り堀とか噴水、ソリで遊べるところなど色々な遊び方が出来ます。場所によりますが、テントとかが張れるスペースは、木の椅子とテーブルが設置されていたりします。売店などは少ないので、弁当の持参は必須になります。

子供の遊び場を利用する際の注意点

炎天下で遊びに行く際は入館拒否にならないように

コロナ禍が広まってから、非接触式の検温が広く普及しました。この検温は表皮の温度を測る為、炎天下を歩き続けていると、入館制限の37.5℃を超えてしまうことがあります。ですので、炎天下で入館する際は注意しましょう。

緊急事態宣言下では遊ぶのが難しい

コロナで緊急事態宣言が常態化しつつありますが、この状態だと制限があって遊べないことがあります。子供の遊び場は、緊急事態宣言下において、色々と制限が掛かっていて、場合によっては閉館している場合揉まるので、行く場合はきちんと下調べをしていきましょう。あと、そもそも緊急事態なので自粛しましょうって話もありますw

まとめ

今回ご紹介した遊び場以外にも、当方で行ってみたい場所がいくつかあるので、利用してみたら追加していこうと思います。

ご紹介した遊び場で興味のある場所があれば是非利用してみてください!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

-いってきた, オススメ, 育児