考えた

特定のテーマについての見解を発信します

考えた

どうすれば"役所の無駄な手続き"を解決出来る?

先日、子供の出生に伴い役所手続きを行った際に、改めて手続きに無駄が多いコトを再認識しました。本稿では、この手続きの無駄さ加減を超ざっくりですが数値化しつつ、解決する為の持論を共有します。

考えた 自己実現

情報反乱時代における確証バイアスの罠

2020/1/19    

あなたは確証バイアスって知ってますか?これは、自分の考えの正しさを強める情報ばかりを集める傾向のことです。情報反乱の時代においては、正誤両方の情報が溢れかえっている為、そうと気付かずに確証バイアスにハマり易くなっているので要注意です。

ティール組織 考えた

こんな企業は赤信号1:企業理念の唱和をしている

2020/1/19  

企業理念の唱和って、なんだか薄っすら不快な気持ちになりませんか?何故この唱和をするかを突き詰めて考えていくと、唱和が必要な会社は先行きが危険であることが見えてきます。

価値主義

ベーシックインカムの実現方法

最近世間で注目を集めるようになったベーシックインカム。その実現方法を"需要集約プラットホーム"や"価値主義"をキーワードにして、独自に考察します。

ティール組織 価値主義

令和の時代に繁栄する八方良しの企業とは?

2020/1/17    

昨今、経営の常識として息づいてきた"売り手"と"買い手"と"世間"の三方良しの考えは多様化し、八方良しを満たすコトが求められてきています。今回はこの八方が何であり、令和の時代においてこの八方良しがどうあるべきかという独自の考えをご紹介します

ティール組織 価値主義

ティール組織の法人格を創る際は、"合同会社"の会社形態が良い理由

ティール組織を起業しようとした際に、令和2年時点で最適な会社形態が"合同会社"である理由を説明します。

テクノロジー

流行る"専門技術の民衆化"

ちょっと前までだと専門技術が無いと出来なかったコトがどんどん民衆化されてきています。この民衆化例をいくつかご紹介しつつ、少し先の未来を考察します

テクノロジー

満員電車の音漏れを解決する方法は?

満員電車の中での騒音である音漏れ。注意するのも、めんどうだし、そのまま耐えるのもストレスだ。この音漏れ問題を解決する方法が無いかあれこれ考えた。

考えた

無人のジェットコースターから学んだコト

東京ドームシティーで観た"無人のジェットコースター"運営の疑問を突き詰めて得た学びを、日々の生き方やサービス運営に応用できないか考察します

考えた

情報飽和時代には心のスキマを埋めてくれるAIが活躍する?

情報過多のデジタルネイチャーの時代には、情報の量に反比例して情報の存在が薄まります。結果として誰にも届かないデジタル情報も産まれるはずで、零れ落ちたデジタル情報を拾って応対するロボットの重要が高まるのではないかと浅く考察します!

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.