いってきた 育児

さいたま新都心の「キドキドボーネルンド」で赤ちゃんを遊ばせてきた

2020年12月5日

小林 祐也(ゆーや@子育てパパ)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ、利用した子供の遊び場等を紹介してます!

おはこんばんにちは、ハイハイやつかまり立ちを覚えて、赤ちゃんの成長の早さを実感している、10ヶ月の赤ちゃんのパパのゆーやです。

以前、東京ドームシティーの「アソボ~ノ!」に行った時に、かなり楽しかったので、他に同様の施設が無いかを調べました。

調査の結果、さいたま新都心の「キドキドボーネルンド」がそれっぽいというコトで、赤ちゃんを遊ばせに言った結果を写真多めで共有します!

こんな方におすすめ

  • 東京~埼玉近辺で乳幼児や児童を遊ばせる施設を探している方

アクセス

キドキドボーネルンドは、JR「さいたま新都心」駅から徒歩5分位?のところにあるコクーンシティー2の3階フロアにあります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

キドキドボーネルンドの利用の仕方

  • 予約可能?
    アソボ~ノ!もそうでしたが、「キドキドボーネルンド」も予約は出来ないようです。
  • 入館の方法
    次の2点を実施することで、入館が可能です

    1. 注意事項の同意:LINEでボーネルンドを友達登録して、ボーネルンドから送られてくる、利用上の注意点に全て同意すること
    2. コロナ対策:アルコール消毒と検温
  • 料金
    初回入場時の金額:こども(0歳~12歳)600円/30分、大人600円
    延長は100円/10分、大人は延長料金なし、交替可能
    アソボ~ノ!よりも良心的な価格に思いました。まぁ地価の違いもありますからね。
  • トイレ
    大人用のトレイは施設内に無い為、入館前に済ましておくことをお勧めします
    赤ちゃん用のオムツ交換台は、施設内にあります

キドキドボーネルンドの様子

混雑状況

土曜日の13:00頃に訪れましたが、入館時はそこまで混雑しておらず、5分程度の待ち時間で入館が出来ました。

退館時の14:00過ぎには、長蛇の列が出来ていたので、ストレス少なくあそばせたければ、早めに利用する方が良いかもしれません。(2020/12/05時点の状況です)

キドキドボーネルンド内の施設

「アソボ~ノ!」と同様に、転んでも大丈夫なように床がぷにぷにと柔らかい素材で出来ています!

次の4つのエリアに分かれていて、それぞれ別の遊び方が出来るようになっています!

  1. ディスカバリータウン
  2. アクティブオーシャン
  3. ボールプール
  4. ベビーガーデン

それぞれの施設について観た範囲で軽くレポートします!

ディスカバリータウン

「おままごと」や「ジオラマ」などのごっこ遊びから、マグネット遊び、組立遊びなど、色々な遊びが出来るスペースがあります。うちの10ヶ月赤ちゃんが遊べるスペースではありませんでした(;´・ω・)

スライドショーには JavaScript が必要です。

アクティブオーシャン

アクティブオーシャンエリアには、エアトラックと呼ばれるトランポリンや、サイバーホールと呼ばれる中に入って遊べるクッションの筒?みたいな遊具があり、体幹が付くような遊びが楽しめます。こちらもうちの赤ちゃんを遊ばせるのは難しそうなので、諦めました(;´・ω・)。トランポリンは、小学生が元気よく遊んでいたりして、うちの芋虫みたいな赤ちゃんは踏みつけられたりする危険もありましたし。

スライドショーには JavaScript が必要です。

余談ですが、ここのエリアで怪我して、鼻血を出して泣いている女の子が居ました(´;ω;`)

ボールプール

ボールプールエリアには、回転遊具や、ボールプールなどもありました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ベビーガーデン

我が家は8割型このスペースで遊びました。

音が鳴る床や、つかまり立ちが出来る遊具、掴んで遊べる知育玩具が揃っていて0歳児にはベストフィットなスペースです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

まとめ

キドキドボーネルンド色んな遊び方が出来て、しかもお値段は安めで、時間制限も無く(延長が可能)大人の交代も可能で長く遊べるのが良いと思いました。

キドキドボーネルンド以外にも色んな商業施設がある為、アソボ~ノ!よりも利便性の高い施設だなと感じました。

気になった方は、足を運んで損のない施設だと思います!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ゆーや@子育てパパ)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ、利用した子供の遊び場等を紹介してます!

-いってきた, 育児
-