考えた 育児

うちの1歳2か月の赤ちゃんが22:30まで寝付かなくなってしまった理由の考察

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

おはこんばんにちは、ぷーさんです。

最近、赤ちゃんの夜の寝つきがすこぶる悪くて、22:30位迄寝付かなくなりました。その原因について思い当たることを共有します。

一般の1歳2か月児の倍の活動時間

うちの赤ちゃんですが、生後1歳2.5か月といったところです。この位の時期だと、活動限界が長くても4時間位だそうです。それが、うちの赤ちゃんは8.5時間位活動しているという状況です。

通常の活動時間を超えて、暴走モードにでも入ったかのようですねw

赤ちゃんの寝つきが悪くなった可能性がある要因

早速ですが、赤ちゃんの寝つきが悪くなった要因について考察していきます。

メラトニンはOK

赤ちゃんの睡眠に必要なものとして、朝一の日光があります。この日光を浴びると、メラトニンが止まり、体内時計が正常にリセットされます。

うちのリビングは東向きで、朝一の日光はかなり浴びれます。今日は7:30にはおきて日光を浴びているので、メラトニン的にはOKそうです。

疲れて過ぎているかも

今日は、朝と夜の合計で、都合3時間位はお外で遊んでいました。また、お家の中にいる間もずっと歩き続けていました

赤ちゃんの睡眠には程よい疲れが良いらしいのですが、疲れ過ぎているとそれはそれで、眠りの支障になるそうです。

思い起こすに、活動しすぎていて、過度の疲労が生じている可能性もあるなと思いました。

睡眠退行

赤ちゃんが出来る事が多くなると、興奮して眠りにくくなることがあり、このことを睡眠退行といいます。

これまでと変わったことと言うと、お外に出て沢山色んな場所を歩き回れるようになったので、睡眠退行が起きている可能性はあるかな思います。

テレビのブルーライト

うちのリビングには60インチの大きいTVがあり、赤ちゃんは割と近い距離でこのTVを観ています。

テレビから出るブルーライトの影響を受けて、興奮状態に陥っているのではないかとも思いました。

まとめ

今回は、原因はわからずじまいのところなのですが、出来ることから試そうというコトで、20:00位の時間はテレビを付けないようにしてみようかなと思います。

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

-考えた, 育児