考えた 育児

乳幼児のコロナ罹患者の検出数が少ない理由

2021年9月3日

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこんばんにちは、ゆーや@1年7か月の乳幼児のパパです。

今回は乳幼児のコロナ罹患者の検出数が少ない理由についてというテーマでお話します。

保育園がコロナで休園、我が子は咳き込む怪しい状態

本稿を投稿した前日に、我が子の通う保育園がコロナ陽性者が出たことに伴い、保育園が休園となりました。

で、我が子はというと、その5日前からこほこほと咳をしており、軽く発熱をしていました。

保育園が休園するまでは、ただの風邪とか2度目のRSウィルス感染と思ってましたが、この状況が相まって我が子がコロナに罹患しているんじゃないか?という疑念が強まりました。

PCR検査を出来るクリニックが少ない

そこでPCR検査を受けようと、色々と調査してみた結果・・・

みたいな感じで、そもそもPCR検査自身が受けづらい状況があることがわかりました。

まとめ

こういった事情があるから、乳幼児のコロナ罹患者ってあまり検出されないだけで、実際は結構な数のコロナ感染している乳幼児がいそうじゃないかなと思いました。

【追伸】:この後、我が子は38℃に発熱した為、PCR検査が受けられて、陰性と診断されました。良かったけど、なんなんだよこの発熱は(;´・ω・)RS?

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-考えた, 育児