• この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

テクノロジー

流行る"専門技術の民衆化"

2019年12月29日

最近、ちょっと前までだと専門技術が無いと出来なかったコトがどんどん民衆化されてきている。ロボティクスや、機会学習、動画コンテンツ作成などなど。

この流れを観て思うことは

  • 専門家しか出来なかったコトは、民衆化される
  • 専門技術の民衆化の潮流は劇的に加速する

である。本稿では、この民衆化の流れが進んでいるいくつかの技術をご紹介しつつ、この先に関する個人的な考察を紹介していく。

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

手に職つけて専門家になれば食いっぱぐれない

新常識

専門分野を見誤ると、簡単に食いっぱぐれる

流行る専門技術の民衆化

プログラムの民衆化

こんなのは敢えて挙げる必要もないぐらいの周知の事実だが、プログラムの民衆化がどんどん進んでいる。
プログラムのリファレンスは、コーデイングレベルに留まらず、スマホのUIなんかも創りたいと思えるものがあれば、簡単にパクッて創れるようになってきている。

知り合いの学生起業家は、こんなに簡単にアプリが創れるなんてとびっくりしていたほどだ。

機会学習の民衆化

機会学習でデータの解析をしようとするとき、分析するモデルがいくつかある。

ランダムフォレスト、二分探索(binary search)、ロジスティック回帰、サポートベクターマシン(SVN)、k近傍法(K-NN)、多層パーセプトロン(MLP)、などなど。

これらのモデルは得意な分析と苦手な分析がある。素人からすると、そんなのわからないが、最近はデータに応じて最適なモデルを自動選択してくれるようになってきている

その内、Excelでグラフを創るぐらいのお手軽な感覚で、機会学習が出来るようになるかもしれない。もうなっているかもだが。

ロボティクスの民衆化

ロボット自身の民衆化は、ソフトバンクのPepperが可能にした。色々とロボットを操作する為のプログラミングというものの敷居が下がってきている。

RPA(Robotic Process Automation)というとペッパーのような物理的なロボットの話とちょっとずれるが、こちらも作成がかなり簡単に作成が出来るようになってきている。

一昔前のRPAは、キャプチャー画像やタグから地道に手作りしてくようなRPAが主流であったが、昨今は予め用意されたAPIを用いたコネクションでプロセスを作っていけるようなRPAが台頭してきている。Zapierなどを試してみたが、かなり豊富なコネクションがあった。

これからの流れとしては、このZapier型のAPIを用いたRPAのほうが扱いやすいので普及していくと思う。そうなってくると、RPAに操作される側のシステムに求められるのは簡便にAPIを提供する方法だ。個別アプリでもAPIを自動生成出来る、デコンパイラーを組み合わせたようなモノが流行るかもしれない(もう流行っている?)。こちらは、オープンソースのが格段に対応がし易いので、Visual Studioのようなクローズソース型のプラットホームの肩身はどんどん狭くなってくるだろう。

音声入力の民衆化

昨今は、Amazon のEchoやGoogle Homeを使って生活をする事が増えた。

この音声入力のプログラムは、誰でも簡単に作成出来るようになってきている。EchoのアプリとGoogle Homeのアプリの作成について、試してみたが、理解の速い方なら1日あればプログラムが創れるようになると思う。本格的にアプリを創ろうと思うと、DB操作が必要になってくるが、その辺りはいずれもAWSやGCPというクラウドが構えており、簡単にトライアル出来てしまう。

スタンプの民衆化

LINEのスタンプも簡単に作成出来てしまう。みんながコミュニケーションに使う面白いスタンプを自分達の手で創れるようになった。この辺りは民衆化とも言えるが、アパレルあたりで潮流となっている個別化(パーソナライゼーション)って言っても良いのかもしれない。

アプリも個別化(パーソナライゼーション)がどんどんと進むのかもしれない。

専門家の価値が低減

この潮流が何を産むかというと、専門家の価値の低下だ。

災害に被災するが如く地位が崩壊する

専門家はこれからAIによって代替されてしまうというのが、昨今の一般の見解だ。同じことかもしれないが、専門家の地位を奪いにくるモノはAIだけではなく、民衆化だ。

"アプリとかサービスを使ったほうが便利だし、自分でも出来るから"・・・みたいな世界が出来あがった瞬間に、専門家の需要は凍り付く。

仕業と呼ばれる専門性を持つ人を初めとして、現時点で専門家として地位を得ている人も、その地盤は災害に合うかの如く崩壊するコトが予想される。

そんな世界でどう生きれば良いと悩む方もいるかもしれない。学校を選ぶとき、仕事を選ぶとき、きっと何かの専門性を知る事が目的だと思うが、先見性を以て何の専門性を身に付けるかというところが重要になる。特定の専門性を以て顧客に接するのコンサルティングも、専門性が民衆化されていくと、位置付けが大分変ってくるはずだ。

今の専門性だけに留まると、その価値はどんどん減衰していってしまう別の専門性との掛け合わせなどでレアリティーを構築していき、やがて壊れていくであろう"地位"にかけ橋を創る必要がある。

これから起きる民衆化

ARコンテンツ作成の民衆化

ARコンテンツは、あったら良いと思う情報を現実世界に仮想的に召喚する技術だ。測りたい情報ってのが山ほど転がっている。

@ARというアプリは、ARコンテンツを身近にしようとしているらしい。

今のところ、ブルーオーシャンだが、ドラゴンボールのスカウターの如きスマートグラスが普及し出したら、一気にレッドオーシャンになりそうだ。

グローバライズからローカライズ

最近のGoogleさんは、自分で各地域の情報を収集するのを諦めて、ローカルガイドに収集を任せてきている。このAR技術が普及し出したら、さらにローカルガイドに対する役割が増えていく。この場所に来たら、この人の情報をみるといいよ!みたいなガイドコンテンツが出来るかもしれない。

検索もGoogle検索から、人検索にパワーシフトが起こり出しているので、匿名情報よりも誰のガイドコンテンツか?が大事な時代になってくると予想。そういう意味で、ローカルガイドに対する評価はかなり上がるはずだ。今から、身の回りのガイドコンテンツを充足しておけば、割と重宝されるはず。各国の賃金格差が無くなるとグローバライズは終わると言われているが、時代はローカライズに入ってくる。

VRコンテンツ作成の民衆化

動画作成の民衆化が、YoutubeやUdemyなどのコンテンツ拡充が進んできている。この為、何かを学ぼうとするとき、本よりも動画の方が効果が高い事から、勤勉な方ほど動画で学習を試みるようになってきている。この流れは更に、VRで疑似体験が出来るコンテンツに向かうと予想している。何事も、机上よりも実体験のが学びが大きい為、疑似体験が出来れば動画よりもVRとなるはずで。360度型のVRは視覚と聴覚が疑似体験できるが、さらに触覚再現が出来るようなコンテンツ作成も民衆化したら、学ぶコトの自由度は物凄くあがると思われる。

 

まとめ

民衆化に関する状況を記載してきましたが、如何でしたでしょうか?あなたの参考になっていれば幸いです。

常識を新陳代謝して、時代の変化を楽しんでいきましょう!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

1つ星 (記事が気にいったらいいね!してね!)
読み込み中...

-テクノロジー
-, , , ,

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.