• この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

生産性

脳波>フリック>タイピング?生産性を上げる為に、様々な入力スキルを磨こう!

2019年12月20日

昨今、PC入力に加えて、スマホのフリック入力や音声入力がメジャーになってきました。さらには、脳波入力なんかも出てきてこの分野のテクノロジーの進展が楽しいです。

今回は、これらの入力の実力を紹介しつつ、入力スピードに磨きを掛けるテクニックをご紹介していきます。

常識の新陳代謝ポイント

新常識


・フリック入力はPC入力より早い?
・コピー&ペーストはAIで不要になる?

こんな方におすすめ

  • 新しい技術が好きな方
  • 生産性を高めたい方

フリック入力を磨こう!

まずは、フリック入力から紹介していきます。

フリック入力はPC入力の1.7倍速!?

ローマ字入力はひらがな入力に対して約1.7倍の打ちこみが必要です。なので、普通に日本語を入力するなら、ひらがな入力のが軍配があがります
ひらがな入力であるスマホのフリック入力は、PCで170文字ローマ字入力する必要があるところでも、100文字の入力で済ませることが出来ます

でも、「フリック入力って一文字打つスピードが遅いじゃん?」って思う方もいらっしゃるかもしれません。

が、習熟するとこちらの動画のように、とても早く入力を出来るようになります。

スマホで入力をする機会が多い人は、フリック入力を磨くことで、時間を節約出来るようになりますね。

フリック入力を磨く前にすること

フリック入力を磨こうというとき、初めにやっておいた方が良い設定があります。それは、スマホの入力を"トグル&フリック"から"フリックのみ"にするコトです。この設定をすると、入力がフリックのみになります!

ガラケー世代の方は、トグル慣れしている人も多いかもしれません。が、タッチの回数で言うとトグルよりもフリックの方が少なく済みます。慣熟すると、フリック入力に軍配があがると思います。

コピー&ペーストの入力

続いては、コピー&ペーストの入力についてのノウハウです。

PCにおけるコピー&ペースト

私は、書いた文章を切り貼りして文面を書くコトが多いです。この為、文章の「ドラッグ」→「切り取り」→「カーソル移動」→「ペースト」を多用します。
この操作に限定すると、スマホのフリック入力よりも、PCのほいがに断然早いです。キーボード付きの場合はさらに早いです。次の記事でコピー&ペーストのテクニックをまとめてあります。私がプログラマー時代に身に付けたスキルで、あまり出回っていないノウハウなので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。。

スマホにおけるコピー&ペースト

スマホは本当にコピー&ペーストがしづらいですが、便利なアプリがあるかもしれないと思ったので、少しだけ調査してみました。

調べた結果、コピー&ペーストの補助アプリの機能は、"これまでに入力した文字やコピーした内容を履歴管理して選択出来るようにする"というモノ位で、コピー位置やペースト位置を瞬時に選択するという類のものはありませんでした。中々、通常の発想の範疇においては、PCのコピー&ペーストを凌駕するのは難しいかなと思います。

文章の整形AIがコピー&ペーストを不要にする?

思い付きですが、書いた文章を意味が通る内容に自動的に整形してくれるAIとかが出来ると、そもそもコピー&ペーストをするという行為が不要になるかもしれません。人が想像できる事は、実現できるみたいなこと言いますが、私のような一般人でも想像できているアイデアなので、実現してもおかしくなさそうですね。

フリック入力・PC入力を超越する入力

音声入力

単純な入力操作であれば、スマホやスマートスピーカーへの音声入力が、ゆくゆくはフリック入力やPC入力を超えて台頭してきそうです。最近の音声認識技術の進展は目を見張るものがあり、精度がすごく上がってきています。この入力技術を使いこなすと、入力操作や視認を伴わずに、デジタル化が出来るようになりそうです。発声という入力インターフェースは、PC入力や、スマホのフリック入力よりも断然自然なユーザーインターフェースですからね。以前に、Googleの音声入力を用いた文字起こしのノウハウを記載しましたので、気になる方はこちらからどうぞ。

全ての入力も超越する脳波入力?

脳内インプットデバイスは既に、フリック入力を超えたという面白い記事がありました。

こちらは正直未知ですが、頭の回転が速い人なら、音声よりも早く入力を出来るようになる気がします。

人によっては、同時に複数の事をインプットしたり出来るようになるかもしれませんね。

まとめ

色々な入力インターフェースをご紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。
どのような入力でも、生活を便利にしてくれるモノになるはずです。
なので、積極的に色々な入力スキルを試して、入力スピードに磨きをかけていきましょう!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

1つ星 (記事が気にいったらいいね!してね!)
読み込み中...

-生産性
-,

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.