• この記事を書いた人
teal.puusenou

小林 祐也(ぷーさん)

ティール組織価値主義を広めることで、皆がワクワクを追求出来て、持続可能な社会創りを推進中!

やってみた ブログ運営 自己実現

「シナジーマップ」を描いて今後の活動方針を考えた

おはこんばんにちは、ぷーさんです。ここ2~3年の間に自分の活動が大分変わりました。これは、人生100年時代を見据えて、自分個人に生きる力を宿らせることだったり、自分が本当にやりたいことを成し遂げる為の地盤を創る為の活動でした。

結果として色々な活動が増え、最近はそれぞれの活動が上手く循環していない状況に問題意識を感じていました。この状況を改善する為に、シナジーマップという図で現状を整理して、今後の活動プランを練ってみる事にしました。

こんな方におすすめ

  • 多岐にわたる活動をしているが、その活動同士がうまくシナジーを発揮出来ていない

シナジーマップとは?

「シナジーマップ」が何かを簡単に説明すると、自分が活動している活動を矢印で繋いで、活動の金の流れや集客、シナジーの有無を把握する為のものです。

これを描くことで、活動がうまく循環せずにエネルギーをロスしている部分が可視化出来、今後の活動プランを練る事が出来ます。詳しくはキンコン西野さんの動画がわかりやすいのでこちらの動画を参考にしてください。

私の現在のシナジーマップ

私の現在のシナジーマップを描くと次のようになりました。

これはひょっとすると、シナジーマップでは無くてマインドマップと呼ばれるものかもしれません。理論上の呼び方はともかく、私の現状はこんな感じであり、特徴を挙げると次の2点と思いました。

  1. かなりのアウトプット人間
    青色のアウトプットの矢印が張り巡らせていることからわかるように、日常のあらゆることをアウトプットしているアウトプット人間であることがわかります。
  2. お金の流れが上手く循環していない
    お金の流れの元であるオレンジ色の会社勤めに対して、流入する矢印がないことがわかります。

すごく頑張っているものの、お金の流れの部分のエネルギーがうまく循環していないことが課題だと言えそうです。

今後のシナジーマップ

この課題を解決すべく、現状のシナジーマップを基にして、今後のシナジーマップを描いてみました。

現状からの主な変更点は次の4点です

  1. マネタイズポイントの変更
    これまで、お金を稼ぐ箇所が会社勤めに依存していたのですが、そこから脱却するためにクラウドファンディングでマネタイズポイントを創ろうと考えています。
    何を基にクラウドファンディングをするかというと、私がやりたい需要収集マッチング投資基盤を創る事で、資金調達をしたいと思っています。
  2. ブログの位置づけの変更(ストーリーの発信=エンタメ化=本当にやりたいことをやる)
    このクラウドファンディングをする際の出資者を創出するべく、需要収集マッチング投資基盤を創る為の挑戦として思考過程や検証状況、ドキュメントをコンテンツとして発信してみようと思います。
    お役立ち情報を発信するブログっていうのはレッドオーシャンと感じてきており、お役立ち情報から、舵を切りなおしたいと感じていたので、エンタメ化してみようかなと思います。
    最近、noteがCampfireと提携したので、ブログだけじゃなくてnoteにも手を出して、重複誘導してみようかなと思っています。
  3. ブログのコンテンツ共創
    自分だけのアイデアやアウトプットだけだと、コンテンツが陳腐化してきていて、権威性も低くて、集客の力が足りない為、ブログを運用する共創者を募ろうと思っています。
    具体的には視聴者の方々がアイデアを乗せたくなるような場所に変えられたらいいなと思っています・
  4. 起業
    今の会社勤めだと、どれだけ頑張って信用を勝ち得たとしても、その多くは私個人では無くて会社に流れます。それだと、今後の個人の時代に移行する際に、じり貧になるのが見えているので、出来るだけ自分や自分が創った活動体に対して信用を集めたいです。
    活動体はティール組織が最強なので、それが一番合致する合同会社をチョイスする想定です。6万円あれば起業できるので、コロナの給付金を使おうかなと考えています。

ティール組織の法人格を創る際は、"合同会社"の会社形態が良い理由

5年前の自分のシナジーマップ

参考までに、5年位前の私のシナジーマップを思い出して描いてみました。

活動があまり無くて、シナジーマップを描く必要がないことがわかりますねwそして、ギャンブルに金が流れて堕落して、自暴自棄に陥っていたことがわかります。このころと比較すると現在は大分まともになっていて、なんだか自分に誇りが持てます。

とはいえ、この時はこの時で満足していました。この図上では表現しきれていないのですが、前職では企業と自分が融合していて、自分の活動結果がさらなる仕事として循環していたからです。
ワークとライフの境がないワークアズライフな生き方を出来ていたと思います。現状は、ワークとライフが分断されている為、仕事に対する満足度がかなり低いです。

ワークアズライフのススメ

まとめ

今回は、私のシナジーマップ(マインドマップ)をご紹介しましたが、如何でしたでしょうか?

本来はビジネスで使うものですが、自分の活動が多岐にわたる方は、シナジーマップを描いてみるのをお勧めします!

自分の時間やエネルギーは有限ですから、穴の開いたバケツみたいにエネルギーをロスしないように活動していきましょう!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

 

1つ星 (1 いいね!)
読み込み中...

-やってみた, ブログ運営, 自己実現
-

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.