ヘルスケア

塩分の取り過ぎNGは誤った常識らしい

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこんばんにちは、ぷーさんです。

最近、塩に関して面白い本を読みました。それが↓です。

昔から塩分の取り過ぎが悪だ、みたいな話をずっと聞いてきましたが、 この本を読んでそれが誤った常識だってことがわかりました。自分の知識を定着させる為に、本を読んで得た知識をアウトプットを共有します。

久しぶりの常識を新陳代謝出来る記事です(^^♪

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

塩分の取り過ぎは寿命を縮める

新常識

精製塩の取り過ぎが寿命を縮める。自然塩はブレーカーが付いているので取り過ぎない。

こんな方におすすめ

  • 利権に歪められた誤った情報ではなく、真に身体にとって良いものを知りたい方

塩分は取り過ぎはダメは一部正解

「塩分を取り過ぎたらダメ」っていうのは、僕が産まれた頃からずっと聞いてきた常識です。これは、一部正解で、今スーパーなどで販売されている精製塩がそうらしいです。精製塩は99%が塩化ナトリウム(NaCl)で出来ているらしいのですが、このナトリウムは取り過ぎると腎臓からナトリウムが排出出来なくなったり、代わりにカリウムが出ていってしまったりするそうです。

本当に良い塩は取り過ぎる事がない

じゃー精製塩じゃない塩って何かっていうと、岩塩とか海水から昔ながらの製法で作った自然塩です。
この自然園はモノによって成分が違いますが、塩化ナトリウムの比率が精製塩より低く(海水塩で75%程度?)程で、それ以外のカリウム、マグネシウム、亜鉛、などといった様々なミネラルで構成されているそうです。
で、この中の「にがり(マグネシウム)」等の成分は、摂取し過ぎると満腹中枢のようにきちんともう食べたくないという信号を発信してくれるそうです。

むかし、塩分の満腹中枢があったらいいのにっていうのを考えたことがあったんですが、こんなのも実はいらなかったんですね(;^ω^)

塩分摂取用の満腹中枢機能を実現する仕組みを考えてみた

ちなみに、このことを知ってから直ぐに自然塩を買いました(^^♪

海の精 あらしお(赤ラベル) 500g

「塩分を取過ぎると寿命が縮まる」理論の根拠となった研究結果は塩分量がいかれていたらしい

昔塩分の摂取とマウス(ラット?)の寿命の関係性を調べる研究がおこなわれたそうです。この研究では、塩をたっぷり与えた個体と、塩を与えなかった個体で実験をした際に、塩をたっぷり与えた個体のが寿命が短かいという結果に至ったそうです。

この実験を根拠に塩分を取り過ぎたらダメみたいになったそうなのですが、ここで与えた塩があまりに多すぎたらしいです。うる覚えですが、人間で換算すると、塩を500g与えた感じです。500gってピンとこない方は、ペットボトル一杯に入った塩を無理やり食べさせられるのをイメージしてみてください。そんなんされたら、流石に寿命が縮みますよね

そんな感じで、塩分量が過剰過ぎたので、日ごろの人間の塩分摂取の話に適応できる研究結果ではなかったわけです。

塩分を取らない方が死亡率が低い

逆に、最近、インターソルトという研究で、心筋梗塞など心臓血管疾患による死亡率は、食塩摂取量の最も多いグループが最も低く、食塩摂取量が最も少ないグループが最も死亡率が高いという結果が出たそうです。これは、約21万人に対して行われたもので、データの信ぴょう性も保証されています。

但し、こういった研究結果は、利権にもみ消されたり?だとかで、あまり一般的には広まっていないようです。

まとめ

今回は、最初に紹介した本を読んだ内容を思い出してアウトプットしたものなので、多分に曖昧さが残る内容を書きました。

参考文献等を入れたりは、著者が頑張って入れてくれたりしますので、詳細が知りたい方は、是非こちらの本を手に取ってもらえればと思います!お勧めします!

といったところで、今回はここまでです!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-ヘルスケア

© 2021 ぷーさんの閃考