調査した

新型コロナの変異種にはSARS抗体との組合せが有効らしい

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこんばんにちは、ゆーやです。

最近、デルタ株やらラムダ株と言った新型コロナの変異株がどんどん出てきていて、ワクチンを接種しても大丈夫という見込みが崩れて、コロナの収束を難しくなってきているように思います。

そんな中、2021.8.18に国際的な総合科学ジャーナルのnatureにより、この変異株全部に対して効果がありそうな方法が、研究結果で明らかになりました(※参考文献1)。今回はこの内容を調査してみたのでご紹介します。

こんな方におすすめ

  • コロナ禍の収束の希望を持ちたい方

SARS生還者へCOVID-19ワクチン接種を行うと全ての変異株に対して強力な抗体が出来た

この研究結果がどういうモノだったかを簡単に説明すると、2002年から2003年に発生したSARSに生還した人に対して、COVID-19のワクチン接種を実施した際に、1回投与しただけでも、両方のウイルスに対して非常に高レベルの中和抗体が精製され、かつ、全てのSARS-Cov-2変異株に対して強力な抗体反応があったそうです。

一番右がこの結果です。全てのコロナ変異株を100%抑止していることがわかります。(※出典は参考文献3)

SARS-COVの抗体は、成熟し長期間にわたって機能する?

また、次の2つの研究結果は、SARSとCOVID-19で、原因となるウィルスのSARS-COV-1、SARS-COV-2は異なる系統ですが、いずれの抗体でも年月を経て成熟することで、コロナウイルス変異株を中和することが出来る可能性を示しました。

  • 2002年から2003年に発生したSARSの生存者は17年経過した今でも、原因であるSARS-CoV-1の中和抗体を保持していた(※参考文献2
  • COVID-19から回復した一部の人々が、時間の経過とともに多様なコロナウイルス変異体をブロックする能力が高まる抗体を作った(※参考文献3

今後の課題

この研究結果はコロナ禍を解決する光明のように見受けられますが、次の2点が進展に対してネックだと認識しました。

  • 何故SARSとCOVID19の抗体の組合せで、全てのSARS-Cov-2変異体に効果が発揮されるかが判明していない
  • 2002年~2003年に発生したSARSは認可されたワクチンが無い
    (こういった状況もあってか、SARS生還者の需要が上っている模様です)

※参考文献

1:Decades-old SARS virus infection triggers potent response to COVID vaccines、nature.com、2021/8/18

2:Pan-Sarbecovirus Neutralizing Antibodies in BNT162b2-Immunized SARS-CoV-1 Survivors、nejm.org、2021/8/18

3:Rare COVID reactions might hold key to variant-proof vaccines、nature.com、2021/8/19

まとめ

今回は、コロナの最新の論文をもとに、調査した結果をご紹介しました。

コロナ禍はデルタ株の発生によって、ちょっと先が見えない状況になりましたが、終らないものではないような気がしました。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-調査した
-