ヘルスケア ライフハック

断食のリスクを回避した「はちみつファスティング」とは!?

更新日:

ファスティング(=断食)は、日々の生活で身体に蓄えた毒素をデトックスしたり、自己治癒力を活性化することができ、劇的に健康を改善できる方法です。ファスティングのやり方は水しか摂取しないものが有名ですが、この方法はリスクも高く諸刃の剣です。今回は、そんな断食が持つリスクを回避しつつメリットを享受できるはちみつファスティング」をご紹介します。

silviarita / Pixabay

ファスティング実施時の健康促進メカニズム

ファスティングを実施すると体内で大きく3種類のメカニズムによって劇的に健康が促進されます。

1)宿便の排出

腸内に食べ物の残りかすが溜まって固まったものを宿便と呼びます。
宿便は人体に有害な毒素を吐き続けます。腸内からこの毒素が吸収され、肝臓を経由して血液の中に排出され、様々な不調を引き起こします。ファスティングを続けているとこの有害な宿便を全て排出することが出来、血液から毒素を抜くことが出来ます。

2)オートファジー(自己融解)

ファスティングを行いブドウ糖が少なくなると、身体の中の細胞は栄養になる不要なものを探し、分解してケトン体というエネルギーにする機構をオートファジー(自己融解)と呼びます。この機構により、毒素のたまった脂肪や、おでき、湿疹、いぼ、ポリープ、血管の内膜にへばり付いたアテロームと呼ばれるコレステロールの残骸などが分解され、エネルギーとして消費されていきます。

3)自己治癒力の向上

普段、1日3食の食事を採っている場合、身体はマラソンを完走すると同じ位のエネルギーを使って消化をしています。
食を断つと消化に回していたエネルギーを治癒に回す事が出来るようになります。
この治癒力は大きく、まるで漫画のような効果を発揮します。
捻挫や骨折といった物理的な怪我もファスティングをすると驚くほどの速さで回復します。

ファスティングのその他のメカニズム

参考までに、その他のファスティングのメカニズムにも触れておきます。

好転反応

オートファジーのプロセスによって、毒素のある組織が分解された際にその毒素が血液中に流れます。
この為に一時的に様々な部分が不調となる「好転反応」と呼ばれる症状が発生します。
毒素をため込んでいる部分ほど強い症状が出るため、自分の身体のどこが痛んでいるかがわかる指標にもなります。

糖新生

ファスティングでブドウ糖が身体の中で不足すると、肝臓はタンパク質からブドウ糖を生成します。この現象を糖新生と呼びます。
赤血球や一部の脳細胞はブドウ糖のみを栄養源としますが、ファスティング中にも赤血球が死滅しないのはこの機構がある為なんですね。有事の際にもきちんと機構が用意されていて人体とは本当によくできた仕組みだと思います。

凄すぎるファスティングの効果

ファスティングの実践で色々な病気が改善します。その効果を表にまとめました。
(船瀬俊介氏の著作「3日食べなきゃ7割治る!」を基に整理)

症状
分類
効果と関連機構 備考
宿便の毒素 オートファジー 自己治癒力の向上
骨折・打撲・ねんざ・ひざの痛み ・自己治癒力の向上で治るスピードアップ
腰痛・肩こり ・宿便による毒素が肩こりの原因となる
・オートファジーで筋膜の癒着がはがれる
ガン ・血液の汚れがガン細胞の生成を加速する為、宿便の排出で改善する。がんの転移なんていう事象は目撃者のいない空論。断食で転移のような事象はなくなる。
・がん細胞はブドウ糖を通常の細胞の8倍ブドウ糖を必要とする為、断食で自死し、選択的にオートファジーされる
・医療利権は認めない、ガン治療は非常に儲かる商売だから。
糖尿病 ・2週間断食x2回程度を実施すれば完治する。
・インスリン注射しなくても断食で完治するが、そんなことは医療利権は認めない。
歯槽膿漏 ・炎症系は自己治癒力の向上で治る
頭痛 ・オートファジーによる、食品添加物のデトックスや肩こりの改善によって改善する
認知症 ・脳血管のつまりがオートファジーで取れると改善する。宿便由来の血液汚染も関係している。
脳卒中 ・オートファジーで血管の詰まりがとれる
内臓 胃潰瘍 ・食を断てば、臓器は修復にエネルギーを使用できる為、すぐ治る。
心臓病 ・オートファジーで血管の詰まりがとれる
肝臓病 ・自己治癒力の向上で回復
・オートファジーで脂肪がなくなる。
⇒私も脂肪肝が治りました。
腎臓病 ・朝ご飯を抜くのが効果的
(朝飯を食べると排せつの邪魔をしてしまう)
・人工透析しなくとも断食したら8割型治る
・腎臓の機能回復に伴い慢性疲労もとれる
潰瘍性大腸炎 ・断食すれば治る
・ステロイドや外科手術に頼る前に試したほうが良い
・鬱血・汚血による炎症の為、自己治癒力が上がれば治る
・普段の食生活を考慮しないと再発する
便秘 ・宿便(=腸マヒ)が取れるため改善する
血管 動脈硬化
不整脈
高血圧
・宿便が原因の一端
・オートファジーで治る
アレルギー 気管支ぜんそく
花粉症
アトピー性皮膚炎
乾癬症
・アレルギー系は腸内改善で治る。
水虫 ・免疫力が向上する為、皮膚の水虫の場合は治る。
リウマチ ・宿便が影響している。鼻うがいの項も参考。
甲状腺疾患 ・ホルモン系の病気も断食で治る。
・なぜ治るかは不明だが、難病も断食で治る事が多い。

ファスティングにはちみつを選定した理由

筋肉を落とさないで済む

はちみつを摂取すると、必要最低限の糖質、脂肪、タンパク質を摂取できます。
この為、適量のはちみつを摂取することで、オートファジーや糖新生にて筋肉を落とすことなく、毒素の蓄えられた脂肪を選択的に取り除くことが出来ます。折角ファスティングでデトックスをして健康になっても、筋肉が減ってしまうのはいけてないですからね。
また、はちみつはほぼ完全栄養食です。ビタミンCと塩分を加えれば栄養面は万全になります。
ファスティングでは栄養素が欠損が気になりますが、この点もケア出来ます。

頭痛が少なく済む

脳内のエネルギーがブドウ糖からケトン体に変わると一時的に頭痛が発生します。
はちみつを用いると完全にブドウ糖を断つわけではない為、この頭痛が緩和されます。

はちみつファスティングのやり方

準備期間と復食期間

安全なファスティングをする際は、ファスティング時の身体への負担を軽減する為に、ファスティングをする日数と同じ日数を前後に採る必要があります。

3日間ファスティングをする場合
ファスティング前3日間を 準備期間
ファスティング後3日間を 復食期間
として9日間食事制限を過ごすことになります。

5日間ファスティングをする場合は15日間の食事制限をする事になります。

準備期間の過ごし方

準備期間は食事回数と量を減らします。
朝ご飯を抜くことで準備期間を過ごすことをお勧めします。
(というか最近は朝食抜き生活に移行しました。)

朝食を抜くメリット

朝食を抜くことは、時間生理学の観点で理にかなっております。
人体の整理リズムは「排せつ」「摂取」「吸収」のサイクルで動いているといいます。
朝食の時間帯は、人体の整理リズムでは「排せつ」の時間にあたります。
朝食の時間に食事をすると消化器系に対して「排せつ」と「摂取」の両方をさせることになり、負担を掛けることになるのです。
例えると、消化器系にサービス残業をさせているようなものです。
1日3食の習慣は電気の発明によって活動時間が伸びた為に広まりましたが、実は人間の身体はこの3食に適応した進化を取れていないという現状があります。

ファスティング期間の過ごし方

ファスティング期間は準備期間と同様にして昼と夜の2回のタイミングで食事を行います。
食事ははちみつドリンクになります。

はちみつドリンクの作り方

次の材料を調合してはちみつドリンクを作成します。

・水200ml
・はちみつ大さじ1杯(15~20g)
・塩少々
・ビタミンC(アスコルビン酸など)

気分はモンハンの回復薬グレードです(笑)

ファスティング中に飲むとめっちゃうまい。飲んだ時に頭の中に幸せ感が到来します。
エンドルフィンとかドーパミンだかの幸福ホルモンが絶対出ていると思います。

お勧めのはちみつ

私のお勧めのはちみつは百科蜜です。はちみつの中でも百科蜜は色々なはちみつが調合されていて、栄養価が高いです。
この期間は、食費も大分削減できるので、その分贅沢して自分のこだわりのはちみつを選んじゃいましょう!

お勧めの塩

塩分がないとデトックスも滞ってしまうので、摂取が必要です。
私のお勧めは、ヒマラヤンピンクソルト、ブラックソルトといった岩塩です。
普段摂取出来ない様々なミネラルを含んでいます。こちらも自分のこだわりの岩塩を選びましょう!
私はピンクソルトを使ってます!梅干しなどで代用しても良いです。

ビタミンC

特にこだわりはありませんが、1日分1パックなど個包装になっているものが調整しやすいと思います。

水分をこまめに摂取する

普段は食事によって必要な水分の1/3を摂取していますが、食を断つとその分の水分を摂取する必要があります。
また、ファスティング中は、胃酸を薄めるためやデトックスの為に水が必要となります。なので、こまめに水分補給をするようにしましょう。2L/日の量の摂取を目標にしましょう。

好転反応や宿便の排せつ、集中力の高まりを楽しむ

ファスティング中は「なんで自分は食べれないんだっけ」といったようなマイナス視点でとらえないように心がけましょう。
ストレスで逆に健康が悪化したりしても勿体ないですし。身体におこる現象を楽しんだり、有効活用しましょう。私の例を3点ほどご紹介します。

1)好転反応に期待する

好転反応は自分が健康になっているという証拠です。一体自分はどこに毒を抱えていたのかが判る瞬間なので、この反応を期待して待ちましょう。

2)排泄物を楽しむ

下品な話ですみません。黒っぽい宿便がいつ出るかその時を待ちましょう。
そして宿便が出た後のおならの臭いをかいでみましょう。臭いが消えていれば、宿便が排出されているといってよいでしょう。

3)集中力の高まりを利用する

ファスティングの日数が増えると、集中力が増すようになります。テストなどにこのファスティングを当てると高得点が期待できるでしょう。私もファスティング中にTOEICを受験したことがありますが、勉強度合は変えずに50点ほどスコアが伸びました。
消化器官にエネルギーを使う必要が無い事や、ケトン体消費によって脳内にα波が出ている事が影響しているのだと思います。

analogicus / Pixabay

復食期間の過ごし方

つらいファスティング期間を乗り切った後の復食期間が実は一番注意が必要です。
味覚が増しており、食べるものがなんでも美味しく感じるようになっています。

ここでドカ食いをすると腸閉塞という症状が発生します。
また、栄養の吸収が追い付かずに排せつの負担を高めてしまうこともあるようです。
(私も、ファスティング後に尿糖の状態が発生したことがあります。)

まとめ

はちみつファスティングはリスクを低く健康を促進することが出来る方法です。
本当に多くの病気に劇的な効果がある手段なので、健康に悩みを持っている方には勇気をもってチャレンジしてもらいたいです。
ガンになって放射線治療を行うなら、、、
腎臓病になって人工透析するなら、、、
その前に踏みとどまって一度ファスティングをしてみてください!
困った時に頼るべきは医者ではなく自分の中の自己治癒力を頼る、それが今後の医療や健康の在り方だと私は考えます。

popoo20051 / Pixabay

ではでは(^_^)/

-ヘルスケア, ライフハック
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2018 All Rights Reserved.