考えた

敷かれたレールを歩くの閃考:自分で目的地を見付け、レールを創り、その道を歩こう

投稿日:

皆さん、敷かれたレールを歩くという言葉を聞いたことがあるよね。なんか富豪の息子とかが、歩まされる不自由そうな道という印象があるんだが、この言葉を深堀していったところ、社会に明確に根付いている仕組みであり、我々の営みにも密接にかかわっているコトがわかってきた。そして、この敷かれたレールの仕組みが今後の社会で崩壊することも見えてきた。今回は、レールに纏わる仕組みやその壊れる理由、その後どう生きるべきかって考えを紹介します。

敷かれたレールを歩くというコトは?

敷かれたレールを歩くというコトはどういうコトかを考えてみた。まずは、この敷かれたレールに纏わる登場人物を挙げて整理してみた。登場人物としては3者いる。1番目には目的地を見つける人と、2番目に目的地へのレールを敷いて整備する人、3番目に敷かれたレールを歩く人である。

①目的地を見つける人は、イノベーターと呼ばれるような人で、テクノロジーの応用に長けて面白いコトに挑戦する気概がある人だ。②レールを創り、整備する人は、目的地の魅力に気づいた人達で、目的地に行きつく道を整備する人たちだ。道を歩む為のトレーニング機関であったり、レールを歩むコトを進める両親もこの②に該当する。③は目的地で得られる利益を享受する為に、敷かれたレールを歩く人だ。現状において、この敷かれたレールを後発で歩くコトが損をする仕組みがあることがわかってきた。

レール整備とレールを歩くのは先勝ちの仕組み

レールを敷いて整備する人と、レールを歩く人は先勝ちの法則がある。

レールを敷いて整備する人の儲かるメカニズム

レールを敷いて整備するコトが大変だが、一旦先にレールを整備した後は、その道に通行料を設けたりといった徴収をする胴元になる事が可能だ。その道を歩み続ける人が居れば居るほど、儲かる仕組みが実は張り巡らされている。

レールは先に歩くコトが重要

レールを歩く人は先にレールを歩くコトが得をする仕組みになっている。理由は2つだ。

1つ目は、先に目的地にたどり着いて利益を得る事が出来る為
2つ目は、後追者のパワーを得る事が出来る為

どれだけ後発者がアクセルを踏んで努力をしても先が詰まっている。努力の結果を享受出来るのは、後追者からのパワーを自分のモノに出来る先人達なのだ。

現代における後発不利なルール

現代における若者の給料が低いは、この先勝ちルールの仕組みによって、先にレールを歩いている者たちに搾取される構図になっている為だ。だが、多くの企業が若者に出す給料は最初はすごく低いのは、レールの最後尾に並ぶコトに由来している。レールの目的地に近い方がより利益を享受できる仕組みだが、先が渋滞しているから、後に並んだ人が利益を享受するまでに時間が掛かってしまう。若者も年齢を重ねて目的地に近づけなければ、この利益を得る事が出来ない。年金もこれに近い仕組みだ。

今後はレールに乗る人全てが危険な時代

さて、レールを先に歩くコトが勝つ仕組みを紹介してきたばかりだが、今後はこの仕組みが壊れてきそうだ。これは、多様性の時代の波が到来しているからだ。VUCAの時代といっても良いのだが、この波の特徴としては、目的地がこれまでのように単一ではなく、多様なのだ

目的地が多様になると、レールの仕組みは崩壊する

目的地が多様になると、レール自身も多様化する。これまではレールに人が歩いてくれていたから成り立っていた仕組みも、レールの多様化によってレールを歩く人口が減る為に成り立たなくなってしまう誰も歩かなくなったレールには、誰も税金を払ってくれないし、後発者からの後押しパワーも得られない
さんざん、レールに並んだ挙句、自分の番になって利益を享受できないという路が見えてきている。

参考:IoE(Internet of Everything)が多様な価値をデジタル化する

何故多様な時代になるかというと、IoEですべての事がデジタル化されるからだ。デジタル化された結果、今まで眠っていた価値、信用に注目が集まるからだ。今までの時代は、今と比較するとテクノロジーが未熟でデータはアナログであった為に、お金というわかりやすいモノしかデジタル化されていなかった。
これからの時代は、お金というモノの正体を見据えずに、これを猛追すると大勢を見失う。

敷かれたレールではなく、自分で敷いたレールを歩こう

VUCAの時代には、目的地は多様化するだけでなく、目的地で得られる価値も乱高下する。この動きを予想するのは困難だ。こういった時代においては、ドラッカーの名言を行動に移すのが合理的だ。

「未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、後ろを見ながら田舎道を運転するようなものだ。未来を予測する最善の方法は、それをつくることだ。

つまり、誰かが敷いてくれたレールは利用せず、自分で目的地を見出し、その目的地へのレールを敷き、その道を歩くというコトだ。

目的地を見つけるコツ

とはいっても、目的地を見出すのが難しいという人にその見つけ方のコツを紹介する。目的地を見つけるコツは、2つある。

最新のテクノロジーを使うコトで、先人と違う視点でモノゴトを見る

1つは先人が作った常識を疑い、最新のテクノロジーを使いこなすコトだ。過去の先人達が創った常識というのは役に立つものも多いが、未熟なテクノロジーやイデオロギーに支えられて出来あがったものだ。

地球が球体であるっていう説は、テクノロジーが進展するまでは夢にも思っていなかったモノだ。テクノロジーを頼りにした結果導きだされたもので、今でこそ当たり前だが、当時はそんなはずが無いと馬鹿にされてきたものだろう。

イデオロギーに歪められた常識も、現代にはたくさん潜んでいる。例えば、1日3食が健康だって常識は、電気の発明で産まれ、食品利権が仕掛けた常識だが、健康に関する裏付けはまるでない。

少し脱線したが、新しいテクノロジーを使いこなすコトが重要だ。その結果見える視点と、常識の間に違和感があればそこには必ず「価値」がある

自分の好きなコトに夢中になる

もう1つは、自分の好きなコトを追求するコトだ。好きこそモノの上手なれというように、努力という嫌々なエンジンではなく、夢中というブースターを使ってたどり着く境地は、他の人が見えない視点を持たせてくれる。そこでしか見えない視点や見いだせない価値はデジタル化するコトで、ニッチな需要を産むはずだ。多様性の世の中は、これまでのように金太郎飴のような価値観ではなくなる。皆が是とする型に無理やり自分を当てはまる必要はない。

レールを引くのは難しくない

今後はどんどんレールを引くというコトや整備するコトに該当するテクノロジーが産まれてくる。それが多様性という時代の需要だからだ。だからレールを敷くコトを恐れる必要はない。目的地を見つけて、自分だけのレールを創って、そのレールを歩くコトが、かつてに比べるとリスクが低い時代になっている。むしろ、そうしないほうがリスクな時代が来ている。

まとめ

まとめまーす

  • 多様性の時代においては目的地も多様になる
  • この為、目的地へのレール整備やレールの位置付けで勝ち負けが決まる時代が終焉する
  • 誰もが自分で目的地を見つけ、レールを敷き、その上を歩む時代になる

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

-考えた
-,

Translate »

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2019 All Rights Reserved.