やってみた 本の出版

ブログの投稿記事を元に、Kindleで本を出版してみる(その6:本の出稿に向けて利用したサービス)

2021年9月30日

小林 祐也(ゆーや@ブログ運営者)

◆日々の困り事を解決する為に、ライフハックや、ヘルスケアノウハウを発信し、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"を普及させる仕組みを構想しております

おはこんばんにちは、ゆーや@作家の卵です。

この投稿をしている2021.9.30時点でKDPへの入稿が完了し、審査中の状況です。

今日は、KDPへの入稿時に利用していたサービスについてご紹介しようと思います。

こんな方におすすめ

  • Kindleで本の出版を考えている方
  • ブログ記事から本の出版を考えている方

本の出稿に向けて利用したサービス

本の出稿に向けて利用していたのは、「00:00 STUDIO(フォーゼロスタジオ)」というサービスです。

これがどんなサービスかを簡単に説明すると、クリエイターさんが作業中の過程を淡々と配信するサービスです。Youtubeのように動画を加工するわけでもなく、ただただ作業過程を配信するサービスです。

これは、プロセスエコノミーというアウトプットではなく、作成過程のプロセスに着眼したサービスです。これまでの多くのクリエイターさんにとって、活動に対する対価は、アウトプットに対して支払われていました。ですが、それだとクリエイターさんが作品をアウトプットするまでの期間にマネタイズが出来ない為、挑戦を諦めざる負えない事情があり、この挑戦を支えるべくプロセスに対してのマネタイズを出来るようにデザインされた仕組みです。

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる (幻冬舎単行本)

ライブコマースだと、投げ銭という言葉で配信者を応援する代わりに、「00:00 STUDIO」では視聴者さんがクリエイターさんに「差し入れ」という形で応援を行います。

00:00 STUDIOを利用した感想

で、私も流行り好きなので「00:00 STUDIO」を使って、書籍の投稿過程を20回ほど配信しました。やってて感じたことは3点ほどあります。

物書きの配信はつまらない?

1つ目は、絵描きさんやモノ造りをしている方に比べて、物書きの配信内容は観ていてもつまらないということ。このサービスのオーナーであるけんすうさんも毎日このサービスを使ってオンラインサロンの記事を書かれているのですが、そこの視聴者数はどうやら20人位だそうです。結構なインフルエンサーでそのくらいです。

そういうわけで、未だ何者でもない私のようなパンピーには視聴者が訪れることはあまりなく、全配信の中で視聴者が訪れた数は10回にも満たずで、差し入れも1回しかありませんでした。

参考

配信結果は次のように、アーカイブが残ります。※アカウントを持っていないと閲覧できないかもしれません。

https://0000.studio/u83941or0/contents/db13333a-f1e2-48c1-a4f7-7fc2059f17d2

タイムラプス機能が面白かった

配信した後に、その内容を圧縮して動画を作れるタイムラプスという機能があるんですが、それが面白かったです。

公式にはダウンロード機能は無いんですが、Chromeの「動画ゲッター」という拡張機能でダウンロードが出来たので、参考までにどのような動画かを掲載しておきます。

バグやユーザーの使い勝手の悪いところがまだまだ多い

まだまだ、創り中の機能が多くて、いろいろ動かすと変な挙動をして、手が回っていない感があります。

僕もシステム屋をしていたことがあるので創りたての仕組みにはあるあるなのですが、ビジネスユーザー向けにこの品質でお客さんに納品したらクレームが沢山来てしまう位に結構あります。

例えば、前へ戻ると次へ進むでログインボーナスみたいなのの通知が何度も来るとか、縦スクロールでサイドバーも同時にスクロールしちゃうとか、ログインIDが保存されないとか。

利用者数が増えてきて、もうちょっとシステムのサポートに手が回ってきたら解決してくる問題だとは思いますが。

まとめ

今回は、Kindle出版用の本を書いている最中に利用していた「00:00 STUDIO(フォーゼロスタジオ)」というサービスについてご紹介しました。

ひょっとすると、プロセスエコノミーの代名詞となるようなサービスに育つ可能性もあったり、ここから著名なクリエイターさんが産まれるかもしれないですし、気になった方は利用してみてください!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

-やってみた, 本の出版
-