アプリ 勉強

AIとVRを活用した英会話サービス「Smart Tutor」を試してみた(その12)

小林 祐也(ぷーさん)

◆日々の困り事を解決する為に、ライフハックや、ヘルスケアノウハウを発信し、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"を普及させる仕組みを構想しております

おはこんばんにちは、新しいモノ好きなゆーやです。

VRxAIの英会話サービスSmart Tutorを2021年2月6日にはじめてから、今日が8月23日ということで、毎日Smart Tutorをはじめてから最初に契約した半年の期間が経過しました。今回も、ここ最近の状況を共有をします。

こんな方におすすめ

  • VRに興味がある方
  • 楽しく英会話能力を向上させたい方

※本投稿で使用している画像の出典は、Oculus Quest向けアプリ「Smart Tutor」です

AIとVRを活用した英会話サービス「Smart Tutor」とは

「Smart Tutor」は、株式会社プラスワンという会社が提供しているサービスです。

VRゴーグルにFacebookのOculus Questを採用しています。前々からOculus Questが気になっていたので、サービスを利用してみようと思いました。

2021/8/13の状況

3ヶ月延長した

当初は、Smart-Tutorを半年のタイミングで辞めようと考えていました。がしかし、このタイミングでTOEICを受講しようとしたところ、アカウントが消されていて出来ませんでした。

また、9月12日のタイミングだとママちゃんが別の試験を受ける日に被ってしまったので、TOEICの受験タイミングが10月3日になってしまいました。

ということで、期間割みたいなのが利く3ヶ月延長して11月13日まで延長することにしました。このタイミングで発生していたエラーを問い合わせたり、エラーログを送付してあげていたら、お礼にということで、結構値引きをしていただきました。ありがたやー(^^♪

面談のコンテンツが終わる!

前々回に、面談のコンテンツだからここを重点的に取り組んだら、Googleへの応募が出来るかも?みたいな話をしましたが、このコンテンツが終わりました。

言い回しなんかは、結構参考になるものが多かったですが、これで英語での面談が出来るかは別問題で、自分の考えを英語で予めアウトプットしたり、想定問答を考えるのが有効だと思いました。

話がGoogleの面接のほうに、逸れますが、インターンシップという映画が、Googleの面談をイメージするのに参考になりました。

参考:30分間人事インタビューのコンテンツ

  1. Starting the interview ,explaining the position.
  2. Going over the resume
  3. Asking about work experience(1)
  4. Asking about work experience(2)
  5. Asking about skills
  6. Asking about interpersonal skill
  7. Asking about interests and lo…
  8. Asking about interests and in the c・・・
  9. Answering job content questions
  10. Answering work environment questions
  11. Wrapping up the interview

現在は、イヤホン販売戦略コンテンツの実施中

現在はイヤホンを新規発売するPJTの戦略会議みたいなシーンのトレーニングを実施中です。

これが、記憶力を使わないといけないコンテンツということもあって、なんだか楽しくなくてモチベーションが下がり気味です。

イライラするときは、次の動画のように、最近のアップデートでリアルな動きを再現できるようになった手でぐるぐる遊びながら会話してます(何その幼稚な遊びw)

録画した動画だとあまり楽しそうに見えないのですが、実際にOculus Questを被っていると、ガーディアンの境界が表示されて(手の周りに円形のフィールドが表示されて)、自分がなんか魔法を使っているような感じに見えて楽しいんですよね('ω')

まとめ

今回は、「Smart Tutor」の2021.8.13時点の状況をご紹介しました。

サービスの利用終了までに、何か面白いことがあったらまたご紹介します!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

-アプリ, 勉強
-