ライフハック

家具に強力に接着した3M粘着テープを傷なく簡単に除去する方法

2021年6月19日

小林 祐也(ゆーや)@ライフハッカー

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「健康の常識を新陳代謝しよう!

おはこんばんにちは、ゆーや@ライフハッカーです。

最近、メルカリで要らなくなった家具を売ることにしました。この家具には、赤ちゃんが勝手に開けない様に3M粘着テープで強力に取り付けられていて、家具が傷まないように取るのが大変でした。

今回は、この際にうまく3M粘着テープを剥がすコトが出来たので、その方法をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 家具に取り付けた3M粘着テープを傷なく取り去りたい方

家具から取り除いた3M粘着テープ

今回家具から取り除いたのは、Eco Space社のベビーガードです。こちらは3M粘着テープを使用して家具に貼り付けておりました。

今回、家具から剥がしたベビーガード

取り去るときにベリベリってなりそうな位に、強力に接着されていました

この3M粘着テープは、取り付け時に熱することで粘着力を強められる性質があるのですが、逆に取り外すときに熱するコトで剥がしやすく出来る熱可塑性がありました。

3M粘着テープを剥がす際に使った道具

上記で紹介したように、3M粘着テープには熱可塑性があったので、この性質を利用して粘着テープを剥がす為に、次の2点を使いました。

  1. ドライヤー
  2. ヘラ

なんだかヒートガンという、100℃~550℃の強力な熱風を出せるやつがあるらしいのですが、我が家には当然なかったので、ドライヤーを使いました。

ヘラは、以前ノートPCを解体したときに入手したものなのですが、なくても定規とかお家にある平べったいもので代用できると思います。

両面テープを取り外す手順

手順は簡単です

 

ドライヤーで温めて、ヘラで剥がす!

 

これだけ!!!

ドライヤーで温風を当てると、粘着部分が柔らかくなります。その隙にヘラを刺し込んでとります!

こんな感じに粘着部がぐにゃーってなります

2カ所目を取り除いた後。

傷はつきませんでしたが、多少粘着が残ったので、そこは暖かい内にティッシュで拭き取りました('ω')

まとめ

今回は3M粘着テープの熱可塑性を利用して、ドライヤーで熱して粘着力が弱まった隙にヘラで取り外す方法をご紹介しました!

3M粘着テープに悩まされている方は是非試してみてください!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ゆーや)@ライフハッカー

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「健康の常識を新陳代謝しよう!

-ライフハック