• この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

やってみた

セラフィットのフライパンの焦げ付きを沸騰重曹水で落とした結果

2020年3月26日

料理で使っているフライパンの1つが焦げ付きがひどくなり、卵料理すらまともに作れない状況になってきました。なんとか元の状態に戻せないかメンテナンス方法を調べた所、フライパンの種類によって、メンテナンス方法が違うことがわかりました。調理面が白いので、セラフィットのようです。セラフィットは重曹水を沸騰させることで、焦げ付きの原因である汚れが取れるそうなので、試してみました。

セラフィットのフライパンの焦げ付きを沸騰重曹水で落としてみた

Before

最近、料理中のフライパンへの焦げ付きがひどくなってきました。卵を焼いて、他のフライパンなら簡単に剥がれるのに、このフライパンを使うと焦げ付いて引っ付いてしまうんです(;´・ω・)

沸騰重曹水で加熱

フライパンに重曹水を入れて沸騰させると、こびり付いた汚れが取れるという記事を見かけたので、試してみました。

セラフィットのフライパンは強火で使わないほうが良いそうなので、中火で加熱します。ぽこぽこ泡が出て汚れを浮き落としてっくれそうな期待感があります。

After

30分位加熱後、粗熱が取れてからスポンジで洗いました。結果はこんな感じです。

わかりにくいので、Before-Afterで比較してみるとこんな感じです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、よく見るときれいになっていることはわかりますね('ω')。

卵料理してみたら焦げ付いた

これで、きっと料理した後も、焦げ付きにくくなるはずと期待して料理してみました。

・・・

・・・

あれ?(;´・ω・)

めっちゃ焦げ付いてるやん。。綺麗にしてもダメなもんはダメなんですね。。

たぶん、使い方が悪くてコーティングが剥がれてしまったのだと思います。

セラフィットのコーティングが剥がれる手入れ

調べてみると、セラフィットのコーティングは次のようなコトをすると剥がれてしまうようです。

  • フライパンが熱いうちに水につける
  • タワシや研磨剤でごしごしと擦る

こうなってしまうと、焦げ付きは防ぎようがないので、出来るだけこれらを避けて使う方がよさそうです。

豆知識:フッ素加工のフライパンは空焚きやばいらしい

ちなみに、色々なフライパンのメンテナンス方法を調べていたところ、フッ素加工(=テフロン加工)のフライパンがやばいってコトがわかりました。昔、おかんが料理後のフライパンを空焚きしてたけど、あれやると3分するだけで発がん性の有害物質が出るらしいです。昔ながらの方法を踏襲するのは危ないです。きちんとしたメンテナンスの知識が必要ですね。

まとめ

フライパンの汚れが気になるあなた、そもそもお使いのフライパンのメンテナンスの仕方を把握されてますか?これを知らないで独自のメンテナンスをしていると、フライパンだけでなくご自身の寿命を縮める可能性がありますよ。。。

交換する前に何か出来ないかなと思っているあなた!セラフィットのフライパンの場合、コーティングが剥がれていると残念ながら復活出来ません。

適切なメンテナンスをして、ご自分のフライパンとうまく付き合っていきましょう!といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

1つ星 (記事が気にいったらいいね!してね!)
読み込み中...

-やってみた
-,

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.