ホットクック

ホットクックで「キウイのジャム」を作ってみた

2020年7月12日

今回は、パンに付ける用であったり、料理のソースに使う用としてジャムを作るべく、今まで食べたことのなかったキウイのジャムを作ってみましたので紹介します。

45分

118

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックを所持されている方
  • ホットクックの導入検討の為に調理能力を知りたい人
  • 簡単にジャムを作りたい方

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

参考:ホットクックの型番

わが家で利用中の型番:多めの量が作れる2.4Lモデルで無線でのレシピのダウンロードに対応
オススメの最新型番:内窯がフッ素加工されていて内窯の手入れが楽です!

「キウイのジャム」の材料

材料は公式レシピを参考にしました。

具材分量
キウイ(1 cm厚のいちょう切りにカット)
4個
砂糖130 g(多すぎて引きましたw)
レモン汁大さじ1

「キウイのジャム」の調理手順

ホットクックに材料を入れて少しかき混ぜます。

レモン汁を入れた大さじで混ぜ混ぜ。砂糖がキウイとレモン汁に溶けていきます。

内鍋をホットクックにセットし、まぜ技ユニットを装着します。

メニューを選ぶ→メニュー番号で探す→118入力→調理を開始する!!

甘い匂いが漂ってきて、45分するとできあがりです!ちょっと、ジャムにしては粘度が緩い?と思いました。果汁が多かったのかな?

作ったジャムは100円均一で買ってきたガラス瓶に詰めました。食料の保存にはガラス瓶が安心です。

ジャムの味を確かめるパンが無かったので、サラダのドレッシングとして使ってみましたが、中々美味しかったです!

(参考)ジャムが保存食たる原理

ジャムの材料をみた際に、何でこれが保存食として機能するかが疑問でした。

以前にコンポートを作った時も疑問だったんですが、砂糖には殺菌効果みたいなのがあるのか?と調べてみたらwikipediaさんにきちんと殺菌と腐敗防止の理由が記載されておりました。

砂糖の特性である吸水性を利用して保存したい果物などを砂糖で取り巻き、雑菌や組織内の水分と外部の糖分を細胞壁を通して交換することで組織の中の水分を減らし、殺菌して腐敗を防ぐという方法が砂糖漬けの原理である。ナトリウムイオンなどに比べて糖分子は重いため、塩漬けに使う塩よりも大量の砂糖が必要となる。一般に、砂糖漬けには保存する果実の重さの45%から55%の砂糖が必要であり、最終的には全体の重さの3分の2を砂糖が占める

引用:Wikipedia

おわりに

今回は、キウイのジャムを何気なく作りましたが、人生初のジャム作りでした。

気になった方は試してみてくださいね!

関連記事

これを皮切りに色々なジャムを作りましたので、興味が在る方は観ていってください!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ホットクックの伝道師

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック
-,