ホットクック 離乳食

ホットクックとハンドブレンダーを駆使して真鯛の離乳食を作ってみた

おはこんばんにちは、専ら離乳食職人になりつつあるぷーさんです。

今回はタンパク質の離乳食が無くなったので、真鯛の刺身からホットクックとハンドブレンダーを駆使して離乳食を作ってみました。

20分

|

021

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックとハンドブレンダーを使って真鯛の離乳食を作ってみた

今回出来あがる離乳食の量は175 g程度とそれほど多くありません。多めに造りたい方は、分量を倍量にするなどしてもらえればと思います。

具材分量
真鯛の刺身1 切れ
豆乳50 ml
お湯適量
ベビー用のだしの素大さじ1

 作り方

50℃のお湯で一度洗うコトで、旨味はそのままに、表面の酸化した脂や雑味を取ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

さらに、臭い対策として豆乳の消臭効果を狙い、真鯛と一緒にホットクックで調理します。ホットクックが無い方は、鍋に鯛が浸かる位のお湯か豆乳or牛乳を入れて、煮込むのでも構わないと思います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

出来あがりはこんな感じ。

投入が飛んで壁面にこびりつき汚れが発生していたので、もう少し量を多めにした方が良かったかもしれません(;^ω^)

出来あがった真鯛は、骨などが残留していないかを確認しつつハンドブレンダーの容器に移し、だし汁を加えながらペーストにしていきます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

出来あがったペーストを製氷トレイに入れて、冷凍保存します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

実際に食べさせるときは、お粥と混ぜ混ぜして食べさせます。

離乳食として7倍粥10日分を米から炊飯器で作ってみた

 

まとめ

今回は、ホットクックとハンドブレンダーを使って真鯛の離乳食を作ってみました。

赤ちゃんに与えてみると、臭いが嫌なのか、残留している繊維が嫌だったのか、他の離乳食で味を薄めないと食べてくれませんでした(;^ω^)なかなか難しいですね。

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-ホットクック, 離乳食
-,

© 2020 ぷーさんの閃考