ノウハウ

信用を勝ち得るサービス提供者の特徴

puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこんばんにちは、ぷーさんです。

今日は、私の体験や伝え聞いた話から、信用を勝ち得るサービス提供者に共通の特徴があることを発見したので共有します。

こんな方におすすめ

  • リピーターが欲しいサービス提供者の方
  • 人気の施術士に成りたい方

信用を勝ち得るサービス提供者の特徴

早速、その特徴が何か結論を言いますが、顧客がうっすら認知しているかいないかという課題や事実に気付くことです。

具体的に3つの事例で説明します。

マッサージの施術士さんの事例

私が月に1~2回りらくるというマッサージ屋さんを利用しています。

りらくる:オススメのマッサージ店

そこのマッサージの施術士さんにすごいなと思った時がありました。

あなた、左の方ばかり見てませんか?そう言われた時です。

私は仕事で、ノートPCを2台並べて作業をしていて、メインのPCを左側に置いて作業していたのですが、それが肩のハリに出ているみたいです。

身体を少し触っただけで、自分の身体のことがわかってしまってすごいなと思ってしまいました

その後、この施術士さんのリピーターになったのですが、「最近寒くなったから、全体的にこわばりが出てますね」とか、とにかく課題を言い当ててくれるところに物凄く信頼を感じました。

もちろん、その後に、問題の所を重点的にほぐしてくれた点も評価しています。

今日はどこが凝っていますか?って聞いてくる施術士さんとか居るじゃないですか?そういうい施術士さんと大きく差があるなと思いました。

提案の事例

次に、私が最近働いていた案件を受注する際の話です。

3社コンペの提案だったのですが、そこでうちの会社が受注を勝ち取りました。

決定材料になったポイントが何だったかを顧客に聞いたところ、自分達も実は課題だと思っていた点がズバズバズバ!っと提案書に書いてあった点だったらしいです。

そこを見抜けたところに信頼感を感じ、この会社に仕事を任せようとなったようです。

難解な課題を解決する方法

占い師の事例

僕の上司が、バブリーな時に、試し半分で1回5万円もする占い師に占ってもらった話です。

試し半分でどんな嘘っぱちなのか聞いてやろうみたいなノリで占いをしてもらったそうです。

そこで、あなたイタリア建築にゆかりがありませんか?と言われたそうです。

上司は、親が建築業をやっていたり、自身が欧州の美術に興味があり美術館に通う趣味があり、びっくりしたそうです。

特に身の上話もしていないタイミングで、見抜かれたので、なんでそれがわかったの?ヤバいなこの人!ってなったそうです。

占い結果で突き付けられた思わぬ事実から考えた心の持ちよう

まとめ

今回は、3つの事例で、信頼を勝ち得るサービス提供者には、顧客がうっすら認知しているかいないかという課題や事実に気付くという特徴があるというお話をしました。

これまでもそうでしたが、これから先はより信用が重要な時代になります

仕事の報酬は仕事とか言ったりしますが、顧客が抱いた信用がリピーターを産んだり、口コミが産まれて自分への需要を大きくします

この信用を勝ち得る方法が何なのか?と考えた際に、まずは課題をきちんと見抜くコトが重要です

サービス提供者のあなた、サービスを提供する前にお客さんの課題を見抜くことを意識しましょう!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-ノウハウ

© 2021 ぷーさんの閃考