自己実現

未来に後悔しない為の方法~"現在視点で過去を評価する"ように"未来視点で現在を評価する"~

puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこばんにちは、このブログを書いている時点で39歳の誕生日を迎えたぷーさんです。

今回は、10年後の自分視点で今を評価するといいよという話をします。

過去を評価出来るのは現在

あなたは、現在の自分からみて10年前の自分を振り返って評価してみることはありますか?

"もっとこうしていれば良かった"

だとか

"あれやっていて良かった"

といった感じです。

私が、10年前の自分を評価すると次のような評価でした。

  • 今の君が働いている会社で、デスマーチで研ぎすました開発力は、次の転職先の超優秀な会社の人間からも一目置かれるレベルで錬磨されて、評価されているぞ!
  • とはいえ、転職先の会社では前の年収でしか評価されないから、そこで半端なポジションを取る事に意味はないぞ!
  • 昔も今も創りたいものは変わらないけど、タイミングが大事で昔の君が創ったとしても時期早々で誰にも相手にされないから、未だ仕掛けなくていいぞ!
  • 銀行から引き出せる金額が50万円/日だって知っていれば億り人になれてたぞ!

このように、過去の事を振り返って評価出来るのは現在しかありません。

現在を評価出来るのは未来

この評価の時間軸を未来にずらすと、現在の事を振り返って評価出来るのは未来ということになります。

(今の自分で評価することも可能ではありますが、振り返ってどうこうという感覚は持ちづらいはずです。)

この未来の視点から観るっていうのが、人生で後悔を残さない為に重要だなと思います。

冒頭にも書きましたが、この投稿を記載している時点で丁度39歳になった節目なので、10年後の未来の自分が、現在を振り返って評価してみます。

未来の自分が後悔しているパターンと納得しているパターンの両方で。

まずは、後悔パターン

  • あの時に、何を優先してでも、物づくりをしていれば良かった
  • お前が惰性で続けたブログは、それはそれで素晴らしいけど、望んだ未来とは違うぞ
  • 今思うと、このタイミングでお前が創りたかった仕組みを世に送り出せる最後のチャンスだった!

次に、成功パターン

  • お前が本気で創った仕組みは、世界を良い方向に向けたぞ!物づくりを最優先にしたのがベストだった
  • 物があったからこそ、クラウドファンディングで道が開けたし、想像できないレベルで世界が変わりだしたぞ
  • 年収1000万円なんてはした金に依存しなくて良いよ、そのままでよくて、恐れずに足を踏み出そう!

と、こんな感じです。いずれにせよ、物づくりを優先したほうが良いって思いがにじみ出ていて、物づくりしなきゃなって思いました。

こういった様に、未来視点で現在の自分を評価すると、今後の道筋みたいなものを測れて、今後の動機付けになるなと思います。

関連

この成功パターンのイメージは、さらに予祝などで昇華させるとぐっと手元に引き寄せられるかなと思います。

予祝という願望の実現方法

まとめ

今回は、過去の事を現在視点で評価するように、現在の事を未来視点で評価すると良いよという話をしました。

コロナもそうですし、テクノロジーの進展で混迷の時代を迎えている今、自分て本当にこれで良いんだっけ?と考えることも多いと思います。

そんなときは、是非未来に視点を飛ばして、現在の自分を評価してみましょう!意外と、潜在意識はどうすべきかを理解しているので、考えがクリアになると思いますよ!

問いは二つとない価値ある宝の在りかを示す宝の地図なので無視せずに向き合おう

私も、物づくりを最優先にしていこうと思います!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-自己実現

© 2021 ぷーさんの閃考