• この記事を書いた人
EHotcook

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使ったレシピを紹介してます!

ホットクック

ホットクックで「ラタトゥイユ」を作ってみた

2020年1月26日

こんにちは。ホットクックのエヴァンジェリストことぷーさんです。ついに子供が産まれて、夫婦だけで育児をする為、料理も本格参入中です。

今回は、ホットクックのアプリの"COCORO KITCHEN"からお勧めされた"ラタトゥイユ"にチャレンジしてみました。

前回、「さつまいもとパイナップルのカンタンケーキ」で分量が大事だと悟ったので、キッチンメーターも今回から導入してます!

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

料理は不器用で物臭旦那には出来ないモノ

新常識

ホットクックを使えば、料理は手軽に作れて物臭旦那でも出来るモノ

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人
  • インパクトのある料理を作りたい人

ホットクックで「ラタトゥイユ」を作ってみた

材料(4人分)

黒字がオフィシャル、青字が私のアレンジです

#材料分量調理方法
1玉ねぎ1個(200 g)2 cm角切り
2セロリ1本(100 g)薄切り
3なす2本(200 g)2 cm厚さの半月切り
4ズッキーニ1本(100 g)2 cm厚さの半月切り
5パプリカ(赤・黄)各1個2 cm角切り
6レンコン200 g(ズッキーニ、パプリカ代用の為)半月切り
7ピーマン2個→4個(ズッキーニ、パプリカ代用の為)2 cm角切り
8厚切りベーコン80 g1 cm角の拍子木切り
9トマト水煮1缶(400 g)缶詰・実は粗く刻む
10にんにく1かけみじん切り
11コンソメ大さじ2→1.5(公式だと味が濃い為) 
12オリーブオイル大さじ1 
13ローリエ1枚 
14白ワイン大さじ1 
15適量 

具材のカット等

ローリエを内鍋に1枚入れたら、順次具材を入れていきます。具材のカットを簡単にご紹介します。主要な野菜は、2 cm位に切りそろえていく流れです。

玉ねぎ

今回から、購入したスマートメーターを使ってます。この子はちょっと小さ目ですね('ω')

皮を剥いて、角切りにしていきます。

セロリ

そろそろ旬のセロリ君。とりあえず、キッチンメーターで測ってみます。100 g オーバーなので、少し大きめちゃんですね('ω')

セロリを薄切りにしていきます。

葉っぱのほうはちょっと切り分ける間隔をあけて2 cm位で切りました。

ベルさん
個人的にはセロリは生で食べるほうが好きです。梅流しの時に食べたセロリが忘れられない

なす

なすは、時短で冷凍の揚げナスを入れる事にしました。

200 g 位入れました。

レンコン

ズッキーニと、パプリカの代用として相応しいかどうかは別として、ちょうどカットして冷凍してあったレンコン216 gがあったので、こちらも投入しました。

ベルさん
食べた感想だと、レンコンが一番存在感があったなー

ピーマン

ピーマンも無駄に計量してみますw今回は、ズッキーニやパプリカの代用もする為、公式スペックの2個ではなく、4個を使いました。

ピーマンは中の種を取ります。2 cmの角切りにします。

ベルさん
嫁から、小っさ!て言われたよ。気持ち大きめに切った方が良いかもです。

厚切りベーコン

いつもなら、ベーコン全部いれていたかもしれませんが、今回は分量をなるべく合わせるべく、80 gだけ切り分けました。

これを1 cm角の拍子木切りにしていきます。

こんな感じかな?という手探りで切りましたw

トマトの水煮

トマトはホール缶を開けて、先に水分を内窯に入れてから、ゴムベラで適当な大きさに切りました。

にんにく

にんにくは、1かけらをみじん切りにします。

ベルさん
うちは、キッチンをキレイにしているんだけど、何故かにんにくだけは片づけないです。転がっていたにんにくの欠片をみじん切りにしたよ

ホットクックさんの出番

カットした具材に、塩、コンソメ、白ワイン、オリーブオイル、オレガノなどを入れます。

ポイント

コンソメは公式通りに入れると、味が濃くなるので(我が家ではそう感じる)、大さじ2ではなく、1.5位にしておくと丁度良いです。

具材を全部入れると、こんな感じになります。

そして、メニューで082を選択して、ポチっとボタン押下で、ホットクックさんに調理をバトンタッチです。

今回の調理はまぜ技ユニットが必要なので、設置しておきましょう!

ベルさん
案の定、まぜ技ユニットを付け忘れて、ホットクックさんに怒られました

出来あがり

40分経つと出来あがりです!

こんな感じになりました!

実食!

ピンチヒッターで入れたレンコンが大きさも食感も一番主張していましたw

元の料理を知らなかったので、これってラタトゥイユ?ってなりましたが、美味しかったです。

どの具材も調理後に柔らかくなって、食感があまりなくなるので、ちょっと大きめにカットすると良いかなと思いました。

まとめ

今回はホットクックで「ラタトゥイユ」を作ってみました。

教訓は、煮物は大きめに切り分けるってコトですね。スペック通りではなくて、ちょっとこれ大きいかな?ってぐらいで良いかもしれません。

後は、具材は冷凍のものを使っても大丈夫で、解凍していなくてもきちんと調理されるってところですね。予め具材を全部切りそろえて冷凍してあると、時短に出来るかもしれません。

といったところで、今回はここまでです。

今回料理を作った際にご紹介した調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックシリーズ

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

1つ星 (記事が気にいったらいいね!してね!)
読み込み中...

-ホットクック
-, ,

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.