調査した

地震の予知は出来るか?Part2:熱移送説・電離層・群発地震の挙動

2019年3月28日

前回は地震の予知として、地震雲や動物の挙動があてになりそうかの考えをご紹介しました。今回は、地震の予知に役立ちそうなものとして、地震の発生のメカニズムとして有名であったプレート説の内容に代わる熱移動説という理論や、電離層の観測、群発地震の観測をご紹介します。

前回の投稿はこちら

こんな方におすすめ

  • 地震が気になってしょうがない方
  • 地震に備えたい方
  • 地震を先読みしたい方

熱移送説で地震の予知はできるか?

最近、地震の発生のメカニズムとして、熱エネルギーの移動に着眼した「熱移送説」という理論が出てきています。全く地震の予知があたらないプレート説に代わる理論だと思ってます。

プレート説は机上の空論

地震のメカニズムを考慮する上で、今だ幅を利かせているプレート説ですが、昨今はまるで根拠のない理論であることがわかってきました。これは近年の技術革新での観測結果が、プレート説の理論を全て否定したからです。プレート説は「マントルの対流でプレートが動く」というモノで、次の①~③の理論から成り立ちますが、それぞれ近年この理論が覆えされてきております。

プレート説の理論近年の技術革新でわかったこと
①海嶺でプレートが誕生する熱量計、磁力計で温度を調べたところ、プレートが産まれるはずの海嶺には熱いマントルが無く、冷たかった (総合科学ジャーナルの『Nature』で指摘された)
②プレートは冷たく巨大で壊れない板状岩層である太平洋の底は地下1000kmまで暖かく、太平洋プレートと想定していた冷たい巨大な板状岩層は存在しなかった
③プレートは遠距離移動するマントルはプレートを引っ張れるほどの粘着力がなかった
(東京大学教授の上田誠也氏が証明)
坊主
プレート説って全然地震の予測があたらないけど、間違った理論だったからなんだね

熱移送説とは

以前の地質学者は、地下20m の状況もよくわからなかったそうです。が、昨今のマントルモグラフィというMRIの技術を地球科学に応用した技術によって地球の内部を画像化出来るようになったことに起因して、この熱移送説が提唱されたそうです。熱移送説をかいつまんで説明すると、熱エネルギーが、地球の地核(特に外核)からスーパープリューム(高温の熱の通り道)を通って地球表層に運ばれ、その先々で火山・地震活動を起こすというものです。地震が起きるメカニズムは、「熱移送に伴って温度上昇」→「岩盤中に含まれる水の液体圧上昇」→「岩盤全体の体積膨張」→「高温体が膨らむことで岩石が変形・破壊」→地震や噴火が発生というような理屈だそうです。

熱移送説について、詳しく知りたい方は、こちらの書籍を閲覧してもらえればと思います。

ちょっと残念だったのは、熱移送説による予測で2018年初位に地震が予想されていたんですが、あたりませんでした。ですが、地震が発生しないほど、内部的にエネルギーが貯まっているという解釈も出来るかもしれません。

電離層の状態観測で地震の予知はできるか?

地震雲の仮設に近いモノですが、地球を取り巻く電離層の状況を観測することで、地震の予測が出来る可能性がありそうです。情報通信研究機構NICT(National Institute of Information and Communications Technology)の電離圏ワーキンググループが電離圏の概況を観測しています。

電離圏の概況は稚内、国分寺、山川、沖縄の4拠点にあるイオノゾンデで観測され、こちらのページで閲覧できます。この中でF地上 140~400kmにある電離層であるF層の概況を眺めていたら、震災時とそうじゃないときの波形の違いがあることに気が付きました。東北大震災や熊本震災の時と2019.3.27現在のキャプチャーを取って比較してみたのが下図です。

なんだか、震災が発生した時の波形が荒く見えないっすか?
これはたまたまかもしれませんが、傾向を分析すると地震を予知する上で、優位な傾向が見つけられるかもしれません。地震雲の発生に関する仮説にイオン化がありましたが、その裏付けになるかもしれませんね。

群発地震のモニタリングで地震の予知はできるか?

2011年3月11日に発生した東日本大震災のデータを見ると、予震としてわかりやすく群発地震が発生していました。以下の画像は、気象庁のデータベースから当時の地震データを抽出して動画にしてみたものです。3/9ぐらいから太平洋で地震が群発しているのがわかります。

こういった地震が起きたら、要注意ってことですね。2016年4月14日の熊本大地震のときはこういった群発地震の前兆はありませんでしたので、すべての地震を予知出来るわけではないけれども、検知が出来るものもありそうだと思いました。

坊主
南海トラフト地震こぇーなー、予震出てないかな?

重ね合せの原理で高確率で地震を予知可能?

前回と今回の投稿では、合計5つの観測による地震の予知方法をご紹介してきました。

地震の予知方法

  1. 地震雲の観測
  2. 動物の挙動の観測
  3. 熱移送説による予測
  4. 電子層の観測
  5. 群発地震の観測

これらの予知情報は単体で予知するのだと確率があまり高くないと考えています。が、重ね合せてみたときに地震の予知精度が高まるのではないかと、私は考えています。

情報は1つだと、あまりあてになりませんが、2つ、3つと別々の観点における情報が同じ傾向を示したときに、予測の確率は上がると考えているからです。なので、これからの地震予知は一つの方法論で、完璧な予知しようとせずに複数の観測結果を元に予知をすべきなのではないかと、私は思います。理論はもちろん大切ですが、地震を察知して被害を最小限にとどめることが最優先だと私は考えます。

3つ情報を重ねると、確率の高い「点」が導き出されます

まとめ

2回に分けて、地震の予知に関する話をご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。色々な情報から重ね合わせれば、地震の予知って出来そうな感じがしませんか?可能であれば、地震予知のプログラムを作ってTwitterとかで定期的に予測情報を発信したいなって思ってます。カラスにICチップ付けてみたって方や、熱移送データをお持ちの方電子層のデータを抽出したぜって方いたら、一緒にプログラム作りませんか?興味がある方はお声がけください(^o^)

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
u83941or0

小林 祐也(ぷーさん)

ライフハックブロガー/ティール組織 と価値主義のエヴァンジェリスト /ゲーマー/Amasonレビューアーランカー /GoogleローカルガイドLv8/占い師 /コンサルSE 歴14年/NewsPicker

-調査した
-, , , , ,

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2019 All Rights Reserved.