テクノロジー 考えた

地震の予知は出来るか?①:地震雲と動物の挙動

更新日:

2019.3.22~23にかけて東海地方に「地震雲」の目撃情報が多数報告され、Twitterの3月23日のトレンドを見てみると、16位に『地震雲』というワードがランクインしました。昔から、私は生存本能が強く(ビビリでw)、地震が起きると真っ先に安全を確保しようという動きをしてました。地震雲の情報を見てから、いよいよ大震災が発生するのではないか?という思いが強まり、私の地震に対する警戒度が高まってます。今回はそんな状況に因んで、私がこれまで地震に関して収集した情報や地震の予知や予測方法に対する考えをご紹介しようと思います。情報量が多くなったので、2回にわけての投稿となります。まず1回目は地震雲と動物行動データに関する考えからご紹介します。地震の事が気になる方の参考になればと思います。

地震雲で地震の予知はできるか?

地震雲と地震の因果関係は科学的に認められていない?

地震雲は地震の前兆という話を昔からよく聞きます。ですが、実は地震雲と地震の発生の関連は、地球科学や気象学としてはほとんど認められていないそうです。とはいえ、逆に地震雲と地震の関係が無いと言いきるのも難しいといった事を気象庁は説明しているそうです。この状況から、私は地震雲と地震の発生は100%ではないにせよ相関があり、統計をとれば優位な傾向がとれるのではないかと考えてます。

地震雲の仮設

皆さんも、変わった形であれば地震雲じゃないかって疑うと思いますが、地震雲は観測者にとって見慣れない、もしくは何らかの形で特徴的だと思われた雲をその対象としているそうです。地震雲に関する仮設としては次のようなものがあります(Wikiより引用)。諸説ありますが、別々の要因と考えず、それぞれ関連していると考えてもよいのではと思います。

気温の異常増加 説

断層付近の地下の歪みにより気温の異常増加が起こり、その上で地震雲が発生するという仮説です。これは地震予知につながる雲を「地震雲」と命名した真鍋大覚氏の説です。

電磁波 説

震源周辺から発生する電磁波が雲の生成に影響を与えるという仮設です。ここで言う電磁波は、地球の磁場や宇宙線、太陽風による磁場の異常または他の原因によってできた磁場によるものだそうです

圧力 説

地震の発生前には、断層周辺に大きな圧力がかかり、その圧力によって地震雲を含めたさまざまな現象が起こるという仮説です。岩石の中には圧力を加えると電磁波を発生させるものがあり、大きな規模で圧力がかかると大きな電磁波と磁場が発生すると考えられている。また、圧力によって地中の磁性体が変性・変形して磁場を変えたり、岩盤の破壊や圧力変性による地電流の異常が磁場を変えたりすることも要因として考えられている。

イオン化 説

電磁波の放射によって、地上にも磁場変化や電磁波放射が及びます。高エネルギーの電磁波は気体分子をイオン化させるため、大気中に増加したイオンが水蒸気の凝結核となって雲の成長を促進し、地震雲が作られるという仮説です。また、磁場の変化の場合、強い磁場の中に反磁性体の雲粒や凝結核があるとそれが浮上することが知られており、このようなメカニズムで地震雲が作られるとされている。

地震雲の発生タイミング

諸説ありますが、地震発生2週間前~直前ぐらいだそうです。

地震雲の特徴

見間違いやすい雲

飛行機雲(ケムトレイル)や巻雲、高積雲、層積雲という雲はあまり見ない雲ですが、気象現象として説明可能なものなので地震雲から外して考えてよさそうです。

これは地震雲じゃないやつねw

地震雲の特徴

上記の地震雲の仮設から考えて、次のような特徴があります。普段と違う雲を見つけた際に、それが地震雲かどうかを判断する材料になるかもしれませんね。

  • 比較的低い位置(低い高度)に発生することが多い
  • 風に流されない(流されにくい)
  • 長時間形を変えず消えない

あっているかどうかは別として、こちらのサイトに色々な地震雲の候補がわかりやすく纏められています。

動物の挙動で地震の予知は出来るか?

地震の予知として、動物の挙動も面白いですね。ナマズだったり、カラスだったり、カエルだったり。IoE(Internet of Everything)として、全てのモノ・コトがデジタル化される時代になったら、動物の行動結果のデータもデジタル化されます。この動物の行動結果データからも地震の予知をするために意義のある傾向が得られそうだと考えています。個人的には、カラスの行動データを監視するのが良さそうに考えています。そう思う諸元として、昨今の地震の前兆としてカラスの異常行動を見たという人がかなりたくさんいるからです。

カラスの異常行動

3.11の東日本大震災前のカラスの挙動です。

2019.1.19の地震前後のカラスの挙動です。

緊急時の下痢が可愛いw

まとめ

今回は、地震雲と動物の挙動から地震の予知が出来るかの可能性をみてきました。私の考えとしては、いずれの情報も地震の予知につながる有益な情報だと考えるものの、どれか一つの傾向からだと確率の高い予知は出来ないと考えております。次回ご紹介する熱移送説電離層直近予震からの予測と併せて、情報を重ね合せてみると、割と確率の高い予測が出来るのではないかと考えております。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

-テクノロジー, 考えた
-, , ,

Translate »

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2019 All Rights Reserved.