ホットクック

ホットクックの力を借りて塩麹を使ったローストポークを作ってみた!

2020年12月30日

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

おはこんばんは、ホットクックのエヴァンジェリストのぷーさんです。

年末年始のお肉料理として、ローストポークをつくろうかなというところで、ホットクックの力を借りて、塩麹を使ったローストポークを作ってみる事にしました!

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

料理は不器用で物臭旦那には出来ないモノ

新常識

ホットクックを使えば、料理は手軽に作れて物臭旦那でも出来るモノ

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックと塩麹で作るローストポーク

材料

具材分量
お好みの豚肉部位のブロック500 g程度
岩塩・ハーブソルト15 g強(肉の3%)
塩麹大さじ3

作り方

まずは、食材の等級を上げるが如く魔法の調理方法である50℃洗いをします。

50℃ってまぁまぁ熱いんで、フォークとか使ってます(; ・`д・´)

その後、キッチンペーパーで水気を拭き取った後、火の通りを良くし、脂を出しやすくする為に、フォークで穴を空けます。

ここに岩塩を振り、塩麹を塗り、ビニール袋にいれて揉み込みんだ後、冷蔵庫で一晩寝かします。

一晩寝かした豚肉を取り出し、室温に戻るまで待ちます。

フライパンに脂身を下にして中火で表面を焼いていきます。脂身が焼けると、油がそこから出るので、その油で豚肉ブロックの全ての面を焼きます

焼いた後。名ラード反応で肉が褐色になって美味しそうです('ω')

ホットクックの内窯にお湯を張り、粗熱が取れたお肉をビニール袋に入れて内窯に入れ、浮力を使って上がってくる空気を抜いてビニール袋の中に真空をつくります!

「手動で作る」選択→「発酵・低温調理をする」選択→「63℃」→「3時間」入力で、ホットクックさんに調理をバトンタッチです。

温度は65℃以上で固くなるので、60℃~64℃の間で調整しましょう!

その後、ホットクックから取り出し、室温に慣らしたら出来あがりです!後は好きな大きさに切り分けて食べましょう!

スライドショーには JavaScript が必要です。

実食!

塩麹さんの力で、肉は柔らかく仕上がっていました!脂身が多い肉を使ったので、ちょっとお腹にもたれる感じにはなりましたが。

既に塩味が入っていますが、ブラックソルトや、岩塩、ニンニク、食べるラー油などの色んな調味料を付けて食べるのがお勧めです!

まとめ

今回はホットクックと塩麹を使って、ローストポークを作ってみました!最近発売されたホットクックの新作はメニューにローストポークが追加されているそうですが、旧式のホットクックでも、手動で普通にローストポークを作れますので、ホットクックをお持ちの方は是非試してみてくださいね!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック
-