ホットクック

ホットクックを使ってハニーマスタードソース味のローストポークを作ってみた

2021年1月22日

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

おはこんばんは、ホットクックのエヴァンジェリストのぷーさんです。

たまには塩麹から離れたローストポークでも作ってみようかなということで、今回はハチミツとマスタードを使ったソースでローストポークを作ってみました。(もちろんホットクックの力を借りました)

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

料理は不器用で物臭旦那には出来ないモノ

新常識

ホットクックを使えば、料理は手軽に作れて物臭旦那でも出来るモノ

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックを使ってハニーマスタードローストポークを作ってみた

材料

具材分量
豚肩ロースのブロック700 g程度
岩塩20 g強(肉の3%)
こしょう適量
ハチミツ大さじ2
粒入りマスタード大さじ2
しょうゆ大さじ1

作り方

  1. まずは、食材の等級を上げるが如く魔法の調理方法である50℃洗いをし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります
  2. その後、キッチンペーパーで水気を拭き取った後、両面に塩コショウをします
  3. フライパンに分量外のオリーブオイルを脂身を下にして中火で表面を焼いていきます。脂身が焼けると、油がそこから出るので、その油で豚肉ブロックの全ての面を焼きます。
  4. ハチミツと粒入りマスタードとしょうゆを混ぜて、ハニーマスタードソースを作ります
  5. ハニーマスタードソースを焼いたお肉に塗って、ビニール袋に入れて揉み込みます
  6. ホットクックの内窯にお湯を張り、粗熱が取れたお肉をビニール袋に入れて内窯に入れ、浮力を使って上がってくる空気を抜いてビニール袋の中に真空をつくります!
  7. 「手動で作る」選択→「発酵・低温調理をする」選択→「63℃」→「3時間」入力で、ホットクックさんに調理をバトンタッチです。

    温度は65℃以上で固くなるので、60℃~64℃の間で調整しましょう!

  8. 調理が終わったら、室温に慣らした上で、冷蔵庫に入れて寝かせます
  9. 出来あがったら、好きな大きさに切り分けて食べましょう!

    スライドショーには JavaScript が必要です。

食レポ

ママちゃんからはちょっと味が薄くて、固いねという指摘をうけました。

今回は、塩コショウをつけて一晩寝かせるプロセスをしなかったから、下味があまりつかなかったのかもしれませんね。味の薄さは、ゼリー化したハニーマスタードソースを付けて食べると、味の薄さは補填出来ました

ゼリー化したハニーマスタードソースは、レンチンすることによって、液状になるので、そちらのが好きな方がレンチンをお勧めします。

肉の固さについては、もう少し柔らかめにしたければ、塩麹を使ったり、温度を1~2℃低くして調理すれば良いかなと思います。

まとめ

今回はハニーマスタードソースのローストポークを作ってみました!

最近発売されたホットクックの新作はメニューにローストポークが追加されているそうですが、旧式のホットクックでも、手動で普通にローストポークを作れますので、ホットクックをお持ちの方は是非試してみてくださいね!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック
-

© 2021 ぷーさんの閃考