離乳食

ハンドブレンダーを使って梨の離乳食を作ってみた

2020年8月17日

夏真っ盛りの状況で、スーパーに幸水が並んでいるのを見かけました。

梨はいつから赤ちゃんに食べさせられるんだっけ?と調べたところ、梨の離乳食は生後5~6か月から食べさせられるそう。

この時点で我が子は生後6か月強だったので、では食べさせてみようと買って帰り、いつものように効率を重視して、ハンドブレンダーを使って離乳食を作成してみたので、共有します!

こんな方におすすめ

  • 梨を使った離乳食を作りたい方

ハンドブレンダーを使って梨の離乳食を作ってみた

具材分量
1 個

 作り方

 1 梨の皮を剥き、種の部分をとった上で、2 cm角に切ります。

 2 切り終えた梨を加熱容器に入れて、500 wで2分レンチンします。

※ここで温めた梨がどんな味するかを確認してみた所、食べてみたら、アップルパイとか温めたリンゴとかに近い味がしました

 3 レンチン後の梨をハンドブレンダーを使ってペースト状にします。

⑥ハンドブレンダーの処理前

 4 出来た梨のペーストは製氷機に入れて冷凍したら完成!

⑦梨の離乳食を製氷トレイに入れたところ

 5 食べさせるときは、レンジで解凍して食べさせます。

梨はほとんど水分ということもあって、食べさせ難い場合もあります。そんなときは「とろみのもと」を使うのがおすすめです('ω')b

まとめ

今回は、秋の幸である梨を、離乳食にしてみました。

離乳食の作成にあたり、レンジとハンドブレンダーを駆使してます。ハンドブレンダーをお持ちでない方に我が家で利用しているものを共有しておきます。

気になったら、作ってみてくださいね!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@子育てパパ

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ、利用した子供の遊び場等を紹介してます!

-離乳食
-