離乳食

ハンドブレンダーを使って梨の離乳食を作ってみた

おはこんばんにちは、この記事をかいている時点で、生後209日目を迎える赤ちゃんのパッパのぷさんです。

夏真っ盛りの状況ですが、スーパーに幸水が並んでいるのを見かけました。以前作ったモモの離乳食が尽き欠けていたので、今回はこの梨を使って離乳食を作ってみました!

モモの離乳食を作ってみた

ハンドブレンダーを使って梨の離乳食を作ってみた

具材分量
1 個

 作り方

梨の皮を剥き、種の部分をとった上で、2 cm角に切ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

切り終えた梨を加熱容器に入れて、500 wで2分レンチンします。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ここで嫁から、温めた梨がどんな味するんだろう?って聞かれました。食べてみたら、アップルパイとか温めたリンゴとかに近い味がしました

ここから、ハンドブレンダーを使ってペースト状にします。

出来た梨のペーストは製氷機に入れて冷凍しました!

梨はほとんど水分なので、ちょっと水っぽい感じになることもあると思います。そんなときは「とろみのもと」を使うのがおすすめです('ω')b

水っぽいと、食べさせるのが難しいですからね。

まとめ

今回は、秋の幸である梨を、レンジとハンドブレンダーを駆使するコトで離乳食にしてみました。赤ちゃんが美味しく食べてくれるか楽しみです(^_-)-☆!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-離乳食
-

© 2020 ぷーさんの閃考