離乳食

離乳食としてブドウジュースでわらび餅を作ってみた

puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこんばんにちは、ぷーさんです。

今日は、ぶどうジュースを使って、離乳食としてわらび餅を作ってみましたので、ご紹介!

すっごい簡単なので、興味が在る方はお試しあれ。

こんな方におすすめ

  • わらび餅を作ってみたい方

離乳食としてブドウジュースでわらび餅を作ってみた

材料

20食分(1回に25g分位を食べさせる場合)

具材分量
ブドウジュース果汁100%400 cc
片栗粉100 g

作り方

  1. ブドウジュースに片栗粉を入れて良く混ぜます
  2. 鍋に1を入れて、木べらで混ぜながら弱火で熱します
  3. 片栗粉は65℃以上で固まり始めます。固まり出すと、鍋の底面部分が一番固い為、底のほうから固まりが出来てくるので、これを木べらで潰しながら混ぜます。
  4. そのうち、もちゃもちゃてきますので、わらび餅っぽい粘度になったら火を止めます
  5. 出来たわらび餅を2つのスプーンでちぎって丸めて氷水の入ったボールに入れます

  6. 粗熱がとれて固まったら、ザルに受けて水気を切り、器にとって冷蔵庫で冷やします

実食

もちもちして、美味しかったです('ω')

赤ちゃんもモグモグと食べてました^^

まとめ

今回は、ぶどうジュースと片栗粉を使って、わらび餅を作ってみました。

大人が食べても美味しいので、おやつ目的でつくるのもありかなと思いました!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-離乳食

© 2021 ぷーさんの閃考