離乳食

フードプロセッサーでりんごの離乳食を作ってみた

おはこんばんにちは、最近フードプロセッサーとハンドブレンダーの違いを知ったぷーさんです。

季節は秋に移り変わり、スーパーでりんごも見かけるようになった為、フードプロセッサーでリンゴの離乳食を作ってみる事にしました!

関連

梨の離乳食を作ったときは、ハンドブレンダーでした

ハンドブレンダーを使って梨の離乳食を作ってみた

こんな方におすすめ

  • 簡単に離乳食を作りたい方

 

フードプロセッサーを使って梨の離乳食を作ってみた

材料

具材分量
リンゴ1 個

 作り方

普通に食べるときと同じように、りんごの皮を剥き、種の部分をとった上でスライスして塩水につけます。

その後、すぐにフードプロセッサーの容器にリンゴを移して、ペーストにします。すり下ろすよりも楽ちんですね。

スライドショーには JavaScript が必要です。

終ったら、製氷トレイに入れて冷凍します。都合375 g(15個)出来ました。

凍ったら、ジップロックに入れて保存し、食べる時にレンチンで解凍して食べさせます!

スライドショーには JavaScript が必要です。

まとめ

今回は、リンゴを、フードプロセッサーで離乳食にしてみました。めっちゃ早く作れるので楽ちんでした(*´з`)

最近、離乳食を作る時間があったら、その時間を赤ちゃんとの触れあう時間に使った方が良いんじゃないっていう発言をして炎上している女優さんがいたんですが、その主張もごもっともだなと思います。

離乳食を作るなら、出来るだけ美味しく栄養のあるモノを早く作れるのがいいかなと思います。

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-離乳食
-,

© 2020 ぷーさんの閃考