• この記事を書いた人
EHotcook

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使ったレシピを紹介してます!

ホットクック

ホットクックで「肉じゃが」を作ってみた

2020年2月2日

こんにちは。ホットクックのエヴァンジェリストことぷーさんです。毎日なにかしらをホットクックで調理している為、ホットクック記事が多めな今日この頃ですw

今回は、ホットクックの中で、1番目のレシピとして登録されている、最もベーシックな料理である「肉じゃが」を作ってみる事にしました!

肉じゃがと言えば、素人が普通に作ると煮崩れしがちだと思うのですが、きっとホットクックなら大丈夫だろう?というコトで調理していきます。

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

料理は不器用で物臭旦那には出来ないモノ

新常識

ホットクックを使えば、料理は手軽に作れて物臭旦那でも出来るモノ

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

ホットクックで「肉じゃが」を作ってみた

材料(4人分)

黒字がオフィシャル、青字が私のアレンジです

具材

#具材分量調理方法・特記事項
1じゃがいも

煮崩れがし難いメイクイーンをチョイスしました!

3個(450 g)→3個(362 g)

4~6つ切り→ピーラーで皮を剥いて3つ切り(サイズが小さいので)

2玉ねぎ2個(400 g)→435 g

くし切り

3にんじん1/2本(100 g)→2本(165 g)

乱切り

4牛バラ薄切り肉200 g→251 g

3~4 cm幅に切る
冷凍保存中の牛バラ薄切り肉を利用
解凍し忘れていたので、カットにすごく時間が掛かってしまいました。
5こんにゃく

以前作ったおでんで余ったので利用

1枚

1 cm角に切る

調味料

調味料分量
しょうゆ大さじ4
大さじ3
さとう大さじ3
みりん大さじ2

具材の投入

上記のように具材をカットしたら、具材を投入していきます。ホットクックの内窯に野菜→肉→野菜→肉となるように重ねていきます。

まずは野菜を半分入れて・・・

肉を半分入れるを2回繰り返します。

続いて、調味料を分量通り入れます。

今回はここで、分量を失敗しました。具材の量が全体的に多めにしたにも関わらず、調味料を多くしませんでした。。。

内窯をセットしたら内窯をホットクックさんにセットします。

ホットクックさんの出番

メニューで001を選択して、ポチっとボタン押下で、ホットクックさんに調理をバトンタッチです。

今回の調理はまぜ技ユニットが必要なので、設置しておきましょう

ベルさん
まぜ技ユニットを付け忘れても、ホットクックさんが注意してくれるから大丈夫

出来あがり

35分で出来あがりです!こんな感じになりました!

美味そうでしょ?

盛り付けるとこんな感じです!

ベルさん
彩に緑色があったらもうちょっと映えたかもしれないな

実食!

相変わらず、味がしみしみで美味しかったです!

じゃがいもは煮崩れしていないですし、一見上手く出来ていました!

ただし、調味料が具材の量に対して少なかった為、ちょっと味が薄くなってしまいました

料理はホントに、分量が大事ですね。。キッチンメーターで具材の分量を量っていたのを活かしきれなかった点が反省点です。

まとめ

今回はホットクックで、一番オーソドックスなメニューの「肉じゃが」を作ってみました。

教訓は次の2点です。

教訓

  1. 牛バラ薄切り肉の解凍をしておく
    牛バラ薄切り肉を解凍してなかったコトで、カットに時間が掛かってしまったところですね。ホットクックさんは解凍しなくても割とうまく作ってくれるんですが、サイズを切りそろえたりするには、きちんと解凍していないと難しいですね。
  2. 調味料の分量をしっかりと計算する
    料理は分量が命ですね、通常に調理すると味見が出来るのですが、ホットクックさんだとそこが出来ません。具材投入時にしっかりと分量を計算しておくことが大事だと思いました。

といったところで、今回はここまでです。

今回料理を作った際にご紹介した調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックシリーズ

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

1つ星 (記事が気にいったらいいね!してね!)
読み込み中...

-ホットクック
-,

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.