ホットクック

ホットクックで「チキンと野菜のカレー(無水)」を作ってみた

2020年3月12日

野菜の水分だけでカレーを作れてしまうってマジ?

ということで、今回はホットクックの代名詞の1つである"無水カレー"を、作ってみたのでご紹介!

ホットクックの調理前後で内鍋の様相が激変するのが楽しいレシピです(^^♪

こんな方におすすめ

  • ホットクックを所持している方
  • ホットクックの導入検討の為に調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

参考:ホットクックの型番

わが家で利用中の型番:多めの量が作れる2.4Lモデルで無線でのレシピのダウンロードに対応
オススメの最新型番:内窯がフッ素加工されていて内窯の手入れが楽です!

「チキンと野菜のカレー」の材料(4人分)

こちらが参考にしたレシピで、青字が私のアレンジです

#具材分量調理方法・特記事項
1トマト3個(458 g)

角切り

2玉ねぎ2個(411 g)

みじん切り(※)

3セロリ1本みじん切り(※)
4アーモンド20粒程度

粉砕。隠し味で、入れてみました(*´з)(※)

5鶏もも肉2枚(575 g)

1口大にカット(鶏手羽元は、骨を取るのがめんどうなのでモモ肉を採用しました!)

6にんにく、しょうが6 cmずつ(適当)スーパーに売ってるチューブを使いました

7カレールー5皿分はちみつ好きなので、バーモントカレーの中辛をチョイスしました(*´з)

「チキンと野菜のカレー」の調理手順

1.トマトの角切りを内窯に入れる

まずはトマトを角切りにしたものを内窯に投入します。

2.玉ねぎとセロリのみじん切りを入れる。

あらく具材を切っておいて・・・
ハンドブレンダーでみじん切りにしました

参考:我が家のハンドブレンダー

ハンドブレンダーをお持ちでない方に我が家で利用しているものを共有しておきます。

3.粉砕したアーモンドを入れる

アーモンドも入れると美味しいと聞いたので、ハンドブレンダーで粉砕して入れました~♪

4.一口大に切った鶏もも肉を入れる

5.カレーのルーを入れ、しょうがとにんにくのチューブを投入する

カレーのルーを入れ
最後にしょうがとにんにくのチューブを投入!

6.ホットクックで「メニュー番号で探す→No.007入力→調理スタート!」の操作を行う

あとは65分間待つだけです(*´з`)

「チキンと野菜のカレー」の調理結果

出来あがりはこんな感じです。

調理前は汁っ気が全くなかったのに、この出来あがりはすごいっすよね('ω')

お皿に盛り付けたところ、なかなか美味そうではないか(^^♪

普通に美味しいです!

我が家は、ご飯を食べすぎて太るのを防止する為に、あまりカレーを作らないのですが、これはデブ化するやつですね(笑)

おわりに

今回はホットクックの代名詞とも言える無水調理の「チキンと野菜のカレー」を作ってみました。

水を使っていないのに、カレーが出来るのは楽しかったです!ホットクックの調理時間は65分と長いものの、予約調理が利くので、運用し易い料理だと思います。

気になる方は試してみてくださいね!

書籍の宣伝:新陳代謝すべき健康の常識

・あなたは家族の健康の為に、ヘルシーそうなサラダ油を使っておりませんか?
・メディアの勧めるサプリを過剰に摂取されておりませんか?

これらは実は健康に害悪で、献身的な努力に反する結果を引き起こします。本書では、このような状況を引き起こさぬように健康常識の新陳代謝を促進します!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ホットクックの伝道師

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック
-,