ヘルスケア

IKEAに学ぶ体験ドリブンマーケティング

2019年12月11日

1年ちょい前に、引っ越しをした際から、家具の調達で何度かIKEAにお世話になっています。IKEAって行った事がある人ならわかると思うんですが、非常に面白い商業施設になっています。

このIKEAの秘密の根幹には、疑似体験と疑似体内の2つのポイントがあるのではないかという着想を得ました。このポイントを模すコトで他の商業施設でも売り上げを上げる事が出来るのではないか?というコトで本稿ではIKEAの仕組みに関する考察をシェアしていきます。

常識の新陳代謝ポイント

疑似体験で、モノを買いやすくする

こんな方におすすめ

  • 販売業やその企画に携わる方

疑似体験を創る

昨今は、モノを買う時代ではなく、コトを買う時代になったと、巷では良く言われていますね。これ、知らないって人は時代においてかれていて、やばいっすよ!

 

IKEAはこのコトを売るって行為を非常に上手に実現しています。IKEAで買い物をする際ですが、先ずはIKEAで売られている商品で創ったモデルルームの中を通過します。この空間を通り抜ける事で、この家具があったら素敵だろうなという疑似体験をさせてます。顧客に疑似体験をさせるコトで、顧客の中に該当の家具を購入したいという需要を創造しているのです。

IKEAの導線は疑似体内?

自然の摂理を模すことは非常に合理的ですが、IKEAは生態系の中で合理的な仕組みとして消化器官に模しているのではないか?とふと思いました。

IKEAに行ったことがある人ならわかると思うのですが、IKEAの買い物に至る経路は基本的に一本道でうねうねと曲がりくねっています。このIKEAの導線が、人間の腸に似ているなと思いました。そう思い出すと、IKEAの施設の流れが、消化器官と符合するコトが多かったのです。

消化器官とIKEAの導線の符号

消化器官とIKEAの導線の符号というと・・・

消化器官とIKEAの似ているところ

  • 人間が口にした食べ物が一本道の消化器官を通るが如く、IKEAの客は店内の一本道の全ての売り場を通る
  • 口内の唾液や胃酸で消化されて吸収されやすい状態にされるが如く、モデルルームに感化されて購入し易い状態にされる
  • 腸内の各機関で栄養素を吸収されるが如く、各フロアの家具にお金を吸収される
  • 不要になったモノは便として排出されるが如く、購入されたモノは客にピックアップされて持ち帰られる

で、こういった具合に、似たプロセスになっているのです。

消化のプロセスは順番がこの通りでなかったら、きちんと作用しないように、IKEAの導線もこの順でなければ機能していなかったと思います。

狙ってかどうかはわかりませんが、IKEAは消化器官を模した非常に合理的な導線を創り上げていると思いました。

IKEAプロセスは販売業態を問わず真似出来る

IKEAのこの仕組みは非常に良く出来ているので、参考にすることで売り上げを上げられると思いました。

IKEAは広大な敷地があるから出来るのだって主張される方もいらっしゃるかもしれません。が、今のご時世、サイネージであったり、VR・ARを活用すれば同じような事が再現できると思います。

野菜の陳列場に、サイネージで料理の出来上がりを魅せる
服を身にまとった姿をARで再現する
店は体験だけに専念させて、購入はECにするようなオムニチャネル化する

といった具合にです。

まとめ

というところで、今回はIKEAの仕組みを考察してきましたが如何でしたでしょうか?

自然の摂理は進化という篩(ふるい)に掛けられて残った、合理的な仕組みです。なので、何か仕組みを創るときは、自然を模すことが有効な手段に思いますね。

そもそも対象である自然を熟知していないと、具体的に模す際の着想は得られないかもしれませんが。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
u83941or0

小林 祐也(ぷーさん)

ライフハックブロガー/ティール組織 と価値主義のエヴァンジェリスト /ゲーマー/Amasonレビューアーランカー /GoogleローカルガイドLv8/占い師 /コンサルSE 歴14年/NewsPicker

-ヘルスケア

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2020 All Rights Reserved.