ホットクック

ホットクックで「酸辣湯」を作ってみた

2020年4月21日

実家からたけのこが送られてきたので、今回は、筍を材料に作るレシピの「酸辣湯さんらーたん」をご紹介!

個人的にはかなり美味しくて、推しレシピの一つです。

30分

58

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックを所持されている方
  • ホットクックの導入検討の為に調理能力を知りたい人
  • 酸辣湯が好きな方

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

参考:ホットクックの型番

わが家で利用中の型番:多めの量が作れる2.4Lモデルで無線でのレシピのダウンロードに対応
オススメの最新型番:内窯がフッ素加工されていて内窯の手入れが楽です!

「酸辣湯」の材料(4人分)

材料は公式レシピを参考にしております。

具材分量調理方法・特記事項
1たけのこの水煮60 g細切り

2にんじん1本(80 g)細切り

3生しいたけ2個(30 g)細切り

4みつ葉1/2束3 cm幅でカット
5豚肉(しょうが焼き用)2枚(80 g)細切り
6片栗粉大さじ2-
7800 ml-
8鶏がらスープの素大さじ1-
9しょうゆ大さじ1-
10小さじ1/2-
11こしょう少々-
12豆腐200 g-
131個-
14大さじ3-

「酸辣湯」の調理手順

まず、内窯にカットしたたけのこ、にんじん、しいたけを入れます。

豚肉の薄切りは包丁で切るよりも、キッチンバサミのが楽です。トングで掴んで、キッチンバサミで切りました。

切った豚肉に片栗粉を付けます。

これもトングで実施しました。

内窯に豚肉を入れて、調味料を入れました。

みつ葉が余っていたので、ここで投入しました。

ここからホットクックさんに調理をおねがいします。メニューNo058を選んでスタートを押します。

調理時間は30分なのですが、終りの3分前でホットクックから通知が来ますの食材を追加します。

溶き卵→豆腐→酢の順に入れます。

追加素材のタイミングでは、内窯が熱い中で具材を投入するので火傷に注意です。

スタートを押下すると、残りの調理が開始されます。

「酸辣湯」の調理結果

完成後がこちらです。

お椀によそって食べました!

かなり美味しいかったです。ママちゃんは酸っぱいのが好きなのか、もっと酢を入れても良いと言ってました。好みに合わせて酢を入れても良さそうです。

美味しかったので、おかわりもしちゃいました(^^♪

ということで大成功!

おわりに

ホットクックの「酸辣湯さんらーたん」のレシピはかなり美味しいレシピですので、お勧めです。

作られる際は、追加素材のタイミングで火傷しないように注意しましょう!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ホットクックの伝道師

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック
-,