ホットクック

ホットクックで「手作り豆腐」を作ってみた?

おはこんばんは、ホットクックの伝道者エヴァンジェリストのぷーさんです。何を作ろうかレシピを漁っていたら、「手作り豆腐」というレシピがありました。ホットクックって豆腐まで作れちゃうの?と驚いて楽しそうなので作ってみました。

50分

|

123

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックで「手作り豆腐」を作ってみた

材料表

材料はこちらのレシピを参考にしました。

具材分量
豆乳(成分無調整のもの)
500mL
にがり
にがりの種類によって、豆乳に対する使用量が異なります。にがりに表示されている豆乳に対する使用量で、豆乳500mLに見合う分量を使います

調理(1回目)

内鍋に投入500 mlとにがりを5ml投入!(どこかのサイトでにがりは投入の1%入れるというのを観た為。しかし、実際のところ全然足りないことが後からわかりました)

特に混ぜずにメニュー番号で探す→123番を入力→スタートで調理開始です!

出来あがりはというと・・・?

粘度は少し高いけれども、ほぼ豆乳(;^ω^)

にがりが足りなかったかな?ということで、さらに5ml足して、再調理!

結果はというとこんな感じで、固まってきたけれども、ほぼ液体。

その後もにがりを20 ml足して調理をしてみてもうまくいきませんでした。( ;∀;)

試しに出来た液体をなめてみると、めっちゃ苦い!!にがりがきちんと混ざっていないくて、その部分を口に含んでしまったものと思われます。

調理(2回目)

今度は上手く作るように、ちゃんと分量を調べてみました。

調べによると、こちらのにがりは、500 mlの豆乳に対して40滴で豆腐になるらしいです。

残りの豆乳が300 ml位だったので、25,6滴加えて、気合を入れて混ぜました!

結果は・・・!

ちゃんと固形物が出来ました(^^)/

器に移すとこんな感じです。ちょっと柔らかめかもしれません。粗熱をとってから、冷蔵しました。

食レポ

普通の豆腐より、濃厚な味の豆腐でした!栄養価高そう。

まとめ

今回は、「手作り豆腐」を作ってみました!うまく豆腐を作る為のポイントをまとめます

  • 使うにがりの分量をきちんと把握する
  • 豆乳ににがりを入れたら、気合を入れて混ぜる

このポイントを守れていないと、豆腐がきちんと固形化してくれないので、要注意です!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
EHotcook

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使ったレシピを紹介してます!

-ホットクック
-,

© 2020 ぷーさんの閃考