ホットクック

ホットクックで「ふろふき大根」を作ってみた

2020年6月7日

ホットクックは煮込み料理がかなり美味しく作れて、具材に対する味の染み込み方がやばいですよね。

今回は、一見そのようにホットクックの味染み効果の恩恵を感じられそうなレシピの「ふろふき大根」を作ってみたのでご紹介!

先に調理結果を言っておくと、「味は浸みこむものの、そもそも味付けしていないので薄味になるので、味噌等を付けて食べる」がオススメなレシピでした。

65分

|

072

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

「ふろふき大根」の材料

具材分量
大根(2~3cm厚さの輪切り)→面取り→十文字の切込みを入れる
350 g
だし汁(「だし」と「鰹節」)500mL
昆布
10cm角

「ふろふき大根」の調理手順

 1 ホットクックの内窯に、大根を十文字の切込みを入れた側を下にして並べ、だし汁を入れます。

そこにだし汁を入れます。

 2 メニュー番号で探す→072番入力→スタートでホットクックさんの調理開始です!

ポイント

調理時間は65分と中々長いです。それもあってか、本レシピは予約調理に対応しているので、時間を調整したい場合は予約調理を活用しましょう

昆布・鰹節の影響で、出来あがりの見栄えはちょっと汚らしいかったです(;^ω^)

調理結果・食レポ

出汁の味が染みているのは感じるものの、そのまま食べると・・・味薄!ってなります。

公式レシピに文章での補足はないですが、写真を観ると味噌を付けていたので、味噌などで味を付けて食べるのがお勧めです。

盛り付け後

まとめ

「ふろふき大根」のレシピを調理する際のポイントをまとめます

ポイント

調理時間が長いので、予約調理を活用しよう

出来あがった大根は味噌などに付けて食べましょう

「ふろふき大根」のレシピを作られる際は、これらのポイントを参考にしてみてくださいね!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ホットクックの伝道師

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック