ホットクック

ホットクックで「小鯛の煮付け」を作ってみた

おはこんばんにちは、ホットクックの伝道者エヴァンジェリストのぷーさんです。最近、魚の鱗とりのアイテムを手に入れたので、試しに「小鯛こだい」の煮付けを作ってみる事にしました!

25分

|

021

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックで「小鯛の煮付け」を作ってみた

材料表

材料はこちらのレシピを参考にしました。

具材分量
小鯛1尾
大さじ3
みりん大さじ2
しょうゆ大さじ1と1/2
砂糖大さじ1/2

調理

この料理、言ってみれば魚を捌くことが9割です。最初の難関は、鱗とりです。以前、いしもちに煮付けを作った時に、購入した鱗とりの真価を問う時がやってきました!

イシモチという魚を使って、ホットクックで「一尾魚の煮つけ」を作ってみた

まずはヒレをエラにしまい、ひたすら鱗をとります!(ヒレってエラにしまえるんだって思いました('ω'))

スライドショーには JavaScript が必要です。

鱗を取り終えたら、しまっていたヒレをエラから取り出し、エラを挟み込むような形で、割りばしを口の奥に突っ込みます。さらに、そこから割り箸をねじって取り出すコトで、エラと内臓が一緒に取れてきます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

その後は、良く洗って水けをきってから、皮に切れ目を入れます。ホットクックに入るようにうまいコト調整して、調味料を入れたら準備完了です!

スライドショーには JavaScript が必要です。

メニューを選ぶ→メニュー番号で探す→021入力→スタートで調理開始です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

25分したら、出来上がり!

スライドショーには JavaScript が必要です。

食レポ

小鯛が大きくて、煮汁に使っていない部分は味があまり浸みていませんでした。しかし、身はとても柔らかく煮込まれていました

味が浸みていない部分については、煮汁につけることで美味しく食べる事が出来ました

まとめ

今回は、ホットクックの#021の一尾魚の煮付けのレシピを使って、「小鯛の煮付け」を作ってみました!

道具を使ったにもかかわらず、鱗を取るのが結構大変でした。そして、エラと内臓をとるやり方は、そうやってとるのか!という驚きがあって面白かったです(うまくいかなかったですがw)。

気になった方は、試してみてくださいね!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
EHotcook

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使ったレシピを紹介してます!

-ホットクック
-

© 2020 ぷーさんの閃考