ホットクック

ホットクックで「カサゴの煮つけ」を作ってみた

2020年9月21日

ホットクックで魚一匹を丸ごと煮付け調理出来るのか?

ということで、活きの良い海産物を買える角上魚類で、煮付けに良い魚「カサゴ」を仕入れたので、「一尾魚いちびざかなの煮つけ」のレシピを作って煮付けを作ってみました!

「一尾魚の煮つけ」のレシピは、魚が20cmまでというサイズ制限があるものの、今のところどの魚でも美味しく調理出来ていて、先に結果を言ってしまうと、カサゴは可食部が少なかったものの、美味しい煮付けが作れたのでご紹介します!

25分

021

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックを所持している方
  • 魚一匹を丸ごと煮付けで調理したい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

参考:ホットクックの型番

わが家で利用中の型番:多めの量が作れる2.4Lモデルで無線でのレシピのダウンロードに対応
オススメの最新型番:内窯がフッ素加工されていて内窯の手入れが楽です!

「カサゴの煮つけ」の材料表

具材分量
カサゴ1尾
大さじ3
みりん大さじ2
しょうゆ大さじ1と1/2
砂糖大さじ1/2
しょうが(千切り)1かけ

参考:カサゴとは

カサゴとはどんな魚なのか?ということで、調べた情報を乗せておきます

漢字: 「瘡魚」・・・皮膚だただれたように見えることから皮膚病(瘡ができた)にかかったように見える。

国内の浅い岩礁域に普通にいる魚だが、まとまってとれない。古くは安かったという情報もあるが、現在では高値安定。時に超高級魚。

値段からしてスーパーや一般的な魚屋には置いていない。

引用:市場魚貝類図鑑

500円で購入したのですが、高級魚だったんですね(^^♪

「カサゴの煮つけ」の調理手順

カサゴの下処理

以前、イシモチをさばいた時に大変だったので、今回は角上魚類の店員さんに煮付け用に鱗取りと、内臓を取り除く処理をやってもらいました

お家に帰ってきてからは、50℃洗いだけして、臭みを抜きました

ホットクックの処理

内鍋に、カサゴと調味料を入れます。

メニュー番号で探す→021番入力(一尾魚の煮付け)→スタートでホットクックさんの調理開始です!

あとは25分待つだけ!

「カサゴの煮つけ」の調理結果

出来あがりがこちら!

目の色が真っ白に!!そして、尻尾が内鍋にくっついてしまいました(;´・ω・)

カサゴが大きくて、煮汁に浸っていなかったので、煮汁を付けながら食べました。

変なくせもなくて、美味しかったですが、大きさの割に可食部分が少なかったかなと思います。

まとめ

ホットクックの「一尾魚の煮つけ」のレシピで「カサゴの煮付け」を作ってみたポイントをまとめます!

ポイント

購入先で煮付け用に鱗取りと、内臓を取り除く処理をやってもらえると楽

「一尾魚の煮つけ」のレシピは、魚が20cmまでというサイズ制限があるが、今のところどの魚でも美味しく調理出来る

カサゴは大きさの割に可食部が少ない

スーパーや魚屋さんでカサゴや気になった魚があったら、このレシピを試してみてください!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ホットクックの伝道師

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック