ノウハウ 育児

赤ちゃんに教えてもらったショートカットキーその1:ウィンドウズキー+矢印

2021年3月9日

u83941or0

小林 祐也(ぷーさん)

◆日々の困り事を解決するライフハックノウハウから、応用分子化学科卒の知見から突き詰めたヘルスケアノウハウ、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"、身近な生活を便利にしてくれる"スマートホーム"や"ホットクック"といった便利家電などを幅広く紹介する伝道者◆実は30以上のプログラム言語を経験し、NewsPickerとして常に最先端技術のニュースを収集する外資コンサルタントSE

おはこんばんにちは、ぷーさんです。

ここ3か月位、ほぼほぼテレワークをしています。この中で赤ちゃんが仕事をしている時に乱入してくることがあるので、たまに赤ちゃんにもキーボードを触らせたりしています。

今回は、そんな中で赤ちゃんがバチャバチャと適当にキーボードを触った結果、自分が知らなかったウィンドウを並べて表示する挙動をしていました。すげーって思ってそんなショートカットキーあるんだと調べた結果を共有します。

赤ちゃんに教えてもらったショートカットキーその1:ウィンドウズ+矢印

赤ちゃんとのテレワーク風景

最近のテレワーク中は、1日に1回はこんな感じになって赤ちゃんのお相手をしながら仕事をしてます。

遊びに来たの?

しょうがないなぁ、ちょっとだけやぞ

で、キーボードを叩かせたりしているんですが、そのときにこんなコマンド在ったんだって教えられるコトが多いですw

今回は、ウィンドウズキー+上下左右の矢印での挙動です。それぞれどんな挙動をするかご紹介していきます。

ウィンドウズキー+「→」

ウィンドウズキーを押しながら「→」を一度クリックすると、元々最大化していた画面が右半分に移動し、もう一度「→」をクリックして、キーを離すと左側に並べるウィンドウ選択が出ます。

ちなみにさらにもう一度「→」をクリックすると、今度は画面が左に移動します。

ウィンドウズキー+「←」

ウィンドウズキーを押しながら「←」を一度クリックすると、元々最大化していた画面が左半分に移動し、もう一度「←」をクリックして、キーを離すと右側に並べるウィンドウ選択が出ます。

ウィンドウズキー+「↓」

ウィンドウズキーを押しながら「↓」をクリックすると、元々の画面が下半分に縮小され、もう一度「↓」をクリックするとウィンドウが最小化されます。

ウィンドウズキー+「↑」

ウィンドウズキーを押しながら「↑」をクリックすると、元々の画面が上半分に縮小され、もう一度「↑」をクリックするとウィンドウが最大化されます。

まとめ

今回は、赤ちゃんが偶然操作した結果から、ウインドウズキー+矢印のショートカットキーで色々とウィンドウ操作が出来る事をご紹介しました。

また、赤ちゃんが叩いたキーで面白い挙動をすることがわかったら共有します!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
u83941or0

小林 祐也(ぷーさん)

◆日々の困り事を解決するライフハックノウハウから、応用分子化学科卒の知見から突き詰めたヘルスケアノウハウ、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"、身近な生活を便利にしてくれる"スマートホーム"や"ホットクック"といった便利家電などを幅広く紹介する伝道者◆実は30以上のプログラム言語を経験し、NewsPickerとして常に最先端技術のニュースを収集する外資コンサルタントSE

-ノウハウ, 育児

© 2021 ぷーさんの閃考