ノウハウ

常識の新陳代謝が大事な理由

2020年12月15日

小林 祐也(ゆーや@ライフハッカー)

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「健康の常識を新陳代謝しよう!

おはこんばんにちは、ゆーや@常識の新陳代謝を促す人です。

最近体験が育児に偏っていて、離乳食ネタやばかり書いている、ただの育児パパですが、たまには常識の新陳代謝ネタを書かないと、ブログの名折れになってしまうので、今回は「常識の新陳代謝が大事だよ」というテーマで改めてお話をしてみます。

常識の新陳代謝が大事な理由

常識が持つ性質と特徴

常識の新陳代謝が大事な理由を知る為には、常識が持つ性質・特徴を抑えておく必要があります。まずは抑えておくべき3つの性質と特徴から説明していきます。

①常識は期限付き!その有効期限はどんどん短くなってきている?

常識とは何かを思い描いてもらうと、盤石で変わらないようなイメージがあるかと思います。しかし、歴史の流れをみると、時代によってその常識は変遷してきています。

例えば物々交換の手段の常識は、貝殻から、和同開珎と呼ばれる中国から輸入された貨幣であったり、大判・小判と呼ばれる採掘した金銀だったりと変遷してきております。

常識は時代に合せて変遷してきたということになるわけですが、この特徴を言い換えると「常識は期限付きである(有効期限がある)」と言う性質をもつと言えます。

また、この常識の変遷はテクノロジーの進展が引き起こされるという特徴もあります。ですので、テクノロジーが指数関数的な進展をする変化の加速する令和の時代においては、これまでの時代のように常識の有効期限が長くないということを抑えておいた方が良いです。

これまでの時代における常識はアスファルトのように盤石なものだったとしたら、現在の常識は炎天下の薄氷位のもの位に捉えておいた方が良いということです。

②未来の常識は現在の非常識

また、考えてみたら至極当たり前のことですが、現在の常識が過去においては非常識であったということが言えます。

ただ、この時間軸を未来にずらすと、未来の常識は現在において非常識であるというちょっとした未来を予見する先見性の一種になります。

未来を見据えたいと思う時に、この法則性を認知しておくことが、重要です。

今、非常識と言われる事も、未来における常識の可能性があるということです。

③常識にはジェンガのような性質がある

また、常識は別の常識を支える性質も持ち合わせております。これはおもちゃで例えるならジェンガのような性質に近いなとと思っています。

ジェンガのように、とある常識が崩れるとき、その常識に支えられていた常識が一気に崩れる為です。

このジェンガのように崩れる性質を理解しておくのが大事です。

常識を新陳代謝しないと崩落事故に巻き込まれてしまう

さて、常識の3つの性質を説明したなかで、既に常識の新陳代謝する意義がちらばっているかと思います。その中でも高い意義となるのが常識の変遷が巻き起こす崩落事故を回避することが出来るコトです。

眼前にジェンガのように常識が崩れるタイミングのトリガーと目されるのが、計画に対する常識です。

計画は安定の時代において、非常に有効なツールであり、マネージメントといえば計画を軸にしたPDCAが当たり前といったような常識がありました。

しかし、昨今のテクノロジーの指数関数的な勢いで進展が加速し変化をもたらす時代においては、計画が直ぐに陳腐化してしまう為に、急速な無価値化を進んでおります。

どんな企業も、現在は計画が屋台骨になっておりますが、今後はそれが無価値化してしまいます。分かりやすいところで言うと、金融機関の企業価値がどんどん低減して、経営が立ち行かなくなるタイミングがやってきます

サブプライムローンという常識が崩れて無価値化した際に発生した、リーマンショックのような崩壊タイミングが5年後以内にやってくると個人的にはよんでいます

この話を聞いて笑いますか?馬鹿にしますか?私はそう思われる事が、先ほど説明した②現在の非常識=未来における常識だと知っているので、そう扱われるほどにこの考えに確信を持たざる負えなかったりするんです。

常識の新陳代謝をする為にはバイアスを外すのが重要

さて、これまでご説明した常識がもつ性質を理解しないと待っている未来は「①今の常識をアスファルトのように盤石と勘違いし、②未来の常識を嘲笑していると、③ジェンガのような崩壊事故に巻き込まれる羽目にな」なので、気を付けましょう!という話なのですが、気を付けよう!では治らない性質を人間が持っていることも認知するのが大事です。

そうとわかっていたとしても、行動を移せなくする思考を支える思考習慣であるバイアスがある為です。

有名なところでいうと、周りに問題が起きていても自分は大丈夫と思いこむ正常バイアスですね。東北大震災のときは、この正常バイアスのせいで逃げ遅れて亡くなられた方が一定数いたと言われております。

先ほど予見しました、未来に起きるであろう「計画の無価値化に伴う、計画を屋台骨に持つ企業の崩壊」がおきた際に、同じように逃げ遅れる人が大勢出てしまうと思ってます。

バイアスは認知して知覚しないと修正が出来ない性質があるので、そういうものがあるんだなと認知をしておくことが大事です。

他には、ネット社会やヒエラルキーが産み出す確証バイアスというものがあります。これも現実解釈をゆがめてしまうので要注意なバイアスです。

 

また、一度、探究したものは、もう見直さなくて大丈夫だと思い込むバイアスもあったりして、一度専門家という地位を得てしまった方々も注意が必要です。

そういえば、専門家も価値も、計画で無価値化される対象だったりするので、何か専門知識や資格があれば大丈夫と思うのも、新陳代謝しておかないと危険な常識と言えます。

まとめ

今回は、常識の新陳代謝が大事だよというテーマでお話してみましたがどうでしょうか?

これからの時代を生きる我々には「安定」はありません。あるとしたら、「安定して変化し続けるコト」位です!

常識はこれまでの時代に観たことが無い程の早さでどんどん変わっていくので、常識の新陳代謝をし続けるというコトを受け入れて、変化を楽しんでいきましょう

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ゆーや@ライフハッカー)

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「健康の常識を新陳代謝しよう!

-ノウハウ