ヘルスケア

塩麹パックを試してみた

おはこんばんにちは、ぷーさんです。先日ホットクックで作った塩麹の使い道を探していたところ、パックでも使える?という記事を見かけたので試してみる事にしました。

ホットクックで「塩麹」を作ってみた

塩麹パックの効果

塩麹を料理で使ったことがある人ならわかると思うのですが、豚肉でも鶏肉でも牛肉でも、塩麹につけておくと、とても柔らかくなります。これは塩麹に含まれているプロテアーゼという酵素がタンパク質を分解してくれる為です。

ホットクックで「塩麹の鶏肉のコンフィ」を作ってみた

この効果は、人の顔の角質を分解する働きをし、肌をつるつるにする効果があるそうです。

また、塩麹に含まれている塩には、毛穴のひきしめ効果や殺菌効果があるため、ニキビの予防やシミの予防になるそうです。

塩麹パックの作り方

塩麹パックを作るには、塩麹と小麦粉が必要になります。塩麹だけだと粘度が低くてゆるい為、ある程度の固さを出す為に小麦粉を入れます。

実際に作る過程をご紹介します。

塩麹大さじ2に小麦粉大さじ1を加えます。

混ぜ混ぜしたんですが、まだちょっとゆるい。

さらに、小麦粉大さじ1を追加します。

混ぜると、いい感じの粘度(ちょっと固いかも?)になりました。

塩麹パックの仕方

顔に塗って5分間待つ

独りだとうまく顔に塗る自信が無かったので、嫁に塗ってもらいました。目の周りを除いて、まんべんなく塗ってもらいました。

この状態で、5分間すごしました。ちょっと肌がピリッとしました。角質が溶けたのかな?

5分後に水で洗い流す

パックの粘度が高くて、洗面台だと詰まる可能性もあったので、キッチンのシンクで洗いました。

パックを割としっかり顔に塗ってもらっていたので、結構取るのが大変でした(;^ω^)

塩麹パックの結果

Before-Afterで比較してみましたが、見た目に現れるほどの効果はありませんでした。1回だけだとこんなもんで、続けないと効果は出ないかもしれません。

Afterは皮膚のてかり具合が減った気もは、写真の撮り方の問題の気もします。

まとめ

今回は、塩麹を料理以外の用途として、パックで試してみました!まとめます。

ポイント

  1. 塩麹パックの効果
    • 肌がつるつるになる
    • ニキビ予防
    • シミ予防
  2. パックを作るときは小麦粉を混ぜる

気になった方は、試してみてね!

といったところで、今回はここまでです!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

 

  • この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-ヘルスケア
-,

© 2020 ぷーさんの閃考