ヘルスケア

フットピーリングパックで足裏の角質を剥がしてみた

2020年7月9日

あなたのかかとには固い角質がありますか?

この角質は水虫、魚の目、タコの原因となり、痛みや悪臭の原因になることが知られておりますが、削ったりすると余計に分厚くなることもあります。

では、どうやったらうまく角質を除去できるのか?ということで、足裏の角質除去用にフットピーリングパックなるものを購入し、この角質を剥がしてみたので結果を共有します!

角質を剥がしたほうが良い理由

冒頭にも説明した通り、角質を除去したほうが良い理由は、大きく3あります。

悪臭を予防できる

角質は雑菌の栄養素となる為、角質が多いと雑菌が繁殖しやすくなります。汗と雑菌が結びつくと悪臭が発生してしまいます

水虫を予防できる

また、水虫の原因である白癬菌も角質の中のケラチンというたんぱく質をエサにして繁殖します。なので、角質をとることで、水虫も予防できるわけです。

ストッキングの伝線を予防できる

男の私にはあまり関係ありませんが、ストッキングをはく際に角質のガサガサが原因でストッキングが伝線して(破れて)しまうそうですね。角質をとっておくとこれも防げるというわけです。

今回試したフットピーリングパックとその使い方

では本題の今回試したフットピーリングパックとその使い方をご紹介します。

試した商品

今回試したのはこちらの商品です。

Amazonで3,000を超える評価がされた上で★4評価であり、履くだけで簡単という使い易さと角質が綺麗にとれたといった声も多かったのでこちらを選定しました。

中身はこんな感じです

フットフィーリングパックの使い方

使い方は簡単です。

 1 下のように薬液の入ったビニールの中に足を付けて、一時間放置するだけです。

 2 相方が使用した際は、足が赤くなっていましたが、私は特に変わりませんでした。

 3 この後、5~7日後に角質が剥がれてきます。

フットフィーリングパックの使用結果

私の足には、フットフィーリングパックの使用から3日後から影響が出始めて、足裏の皮がめくれはじめました。

日焼け後に皮が剥けるのに似ています

結構大量に取れるのが面白いらしく、嫁が嬉しそうに取ってくれました(;'∀')

剥がれた皮を少し除去した状態

結構たくさんとれました。

取れた皮(角質)

中にはかなり大きな皮(角質)が取れて面白かったです。

大き目の角質もとれた

さらに、その日の夜にお風呂に入ると一層皮が剥がれてきました。トカゲとか蛇の脱皮のごとく、皮が取れます。

どんどん脱皮が進む

こんな大きいのも取れたぞと

ちょっとした快感があります

計ってみたら、2 gも取れました!(多いのかどうか、わからないのですが('ω'))

量も測ってみました

かかとの固い部分の角質もとれて、つるつるになって面白かったです。

まとめ

まとめますと、足裏の角質をとると、足の悪臭予防、水虫予防、ストッキングの伝線予防などの効果が期待できる

ただし、角質をとるときはこするなどのやり方は、逆に角質を厚くすることになりかねないので、やめたほうが良い。

フットフィーリングパックを使うと、驚くほど角質がとれてびっくりする

気になった方は試してみてくださいね!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ライフハッカー

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「新陳代謝すべき健康の常識

-ヘルスケア