離乳食

離乳食としてサツマイモと豆腐のお焼きを作ってみた

ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

おはこんばんにちは、離乳食職人活動を休職中のパパのぷーさんです。

最近、赤ちゃんの食べムラ(偏食?)がすごいんですよね。これまで大好きだった人参や白菜を食べなくなり、何故か今日は私が食べていたマックのチーズバーガーとかフライドポテト、チキンを上げたらそっちはむしゃむしゃ食べてました。薄味に飽きてきたのかな?(;´・ω・)

赤ちゃんのその食べムラ、原因は椅子かもしれないよ

また、基本的に手掴みで食べれるモノは手でしか食べない感じです。

そんな状況で、偏食の中でも食べるモノの選択肢は色々と残しておきたいなという思いで(特にタンパク質)、我が家の赤ちゃん大好きなサツマイモを材料にして、且つ、手掴みで食べる事が出来るお焼きをつくってみることにしました。

こんな方におすすめ

  • 手掴み食べようの離乳食を作りたい方

離乳食としてサツマイモと豆腐のお焼きを作ってみた

材料

具材分量
サツマイモ1本 600 g
豆腐300 g (2パック)
片栗粉小さじ2

作り方

  1. サツマイモの皮を剥いて、5分ほど水に浸して灰汁を抜きます
  2. サツマイモを濡れたキッチンペーパーで覆った上で、ラップで巻きます
    濡れたキッチンペーパーをラップで巻いたのは、これでレンチンすると甘くなるという話を観たからです。後からホットクックで蒸しても良かったかなと思いました。

    めちゃめちゃぶれましたw

  3. レンジで600Wで4分加熱した後に、200Wで10分加熱します
  4. 出来あがったサツマイモを木べらやマッシャーで潰します

    きちんと甘いペーストになってました

  5. 一定潰れたところで、豆腐と片栗粉を入れて書き混ざまれば種が出来あがりです


  6. フライパンにオリーブオイルをひいて弱火で温め、スプーン二本を使って種を投下します
  7. 両面に焼き目が付いたら皿などに上げて出来上がりです

    私が焼いたお焼き・・・いびつ

    ママちゃんが焼いたお焼きは綺麗('ω')

  8. 直ぐに食べる分は冷蔵庫で、後から食べる分はラップで巻いて冷凍保存しました

実食

ちょっと焦げ目に焼き目がついてしまったものを食べましたが、サツマイモの甘味が出ていて美味しかったです。

そして、豆腐を入れただけあって、当たり前なんですが、豆腐の味も感じました。

出来立てはちょっと柔らかくて赤ちゃんが握りつぶすんじゃないかと思いましたが、冷めたら固くなりました。

まとめ

今回は、サツマイモと豆腐を使ったお焼きを作ってみました。

ママちゃんとしては他にもタンパク質の摂取出来そうな鶏肉とかを混ぜたら?という提案があったんですが、食べてくれないと残念なので、シンプルな材料でお焼きを作りました

(以前、ママちゃんが気合を入れて、しらすを入れたお焼きを大量に作ったんですが、全然食べなかったので。。)

気になった方は試してみてくださいね!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

-離乳食

© 2021 ぷーさんの閃考