テクノロジー

驚きの最新盗聴技術まとめ

おはこんばんにちは、日々最新の面白いテクノロジーにアンテナを張っているテクノロジーの伝道者エヴァンジェリストのぷ~さんです。

最近「そんなものからもデータを盗めるの?」と驚かされた、盗聴の手法がいくつかあったのでご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 最新の面白技術が知りたい方

驚きの最新盗聴技術まとめ

「電球の振動」から音声を復元する技術

  • 照明の振動を読み取って、音声の再生が出来る技術だそうで、吊り下げ式の電球が最も高い精度らしい。
  • 画期的なのかというとちょっと疑問。盗聴するときは電球を取り替えるのかな?
  • Lamphoneというらしいですが、Lampとphoneに由来しているのかな?

「冷却ファンの振動」からPCの機密データを盗み出す

ネットに繋げてないのにデータ盗むとか半端ない技術ですねw

コンピューターの冷却ファンの振動を使って、近くに置かれたスマートフォンと通信することが可能になる

マイクのないロボット掃除機を利用した盗聴

自動掃除機が障害物を特定する際のレーザーから音声を再現できたそうです。どんな機器からも盗聴が可能な時代になりましたね。

"音波は物体を振動させますが、この振動は「物体から跳ね返る光」にもわずかな変化をもたらします。ロボット掃除機が受信した信号を、人間の音声やテレビ番組について学習したディープラーニングのアルゴリズムで分析したところ、90%の正確性でカウントされた数字を特定することができたとのこと。また同様に、90%以上の正確性でテレビ番組の特定もできた”

まとめ

今回は、3件の面白い盗聴技術をご紹介しましたが如何でしたでしょうか?

振動やレーザー光といった、一見すると音声に変換するのが難しそうなところから盗聴をしかけられるという点にはおどろかされますよね。

今はちょっと敷居が高い深層学習ですが、民衆化して敷居がさらに下がったら、誰でもこういった盗聴が可能になってしまうのかもしれません

こういった高度な盗聴が民衆化する状況になった場合に、盗聴を防げるようなセキュリティーはあるのでしょうか

仮に、そういったセキュリティーが無いとなった場合に、我々はどういった行動様式を持つようになるでしょうか?

ストーキング行為等の犯罪が横行するのでしょうか?

全部の情報が筒抜けであるコトを前提に行動する様になるので、嘘をついたり、人の悪口を言わなくなるのでしょうか?

疑問を投げる形で、今回は締めさせていただきます。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
se.consultant

小林 祐也(ぷーさん)

未来志向と戦略思考が強みの30以上のプログラム言語を経験した外資コンサルタントSE

-テクノロジー

© 2021 ぷーさんの閃考