離乳食

ナスと人参の離乳食を作ってみた!

おはこんばんにちは、離乳食の冷凍ストック職人のぷーさんです。

今回は離乳食初期から与えられるとされているナスの離乳食を作ってみました。甘みが無いと赤ちゃんの食いつきがあまり良くなさそうなので、人参と合せた離乳食です!

こんな方におすすめ

  • 簡単に離乳食を作りたい人・作らせたい人
  • 初期から中期の離乳食を作りたい方

ナスと人参の離乳食を作ってみた!

分量

具材分量
ナス3本(343 g)
人参1本(122 g)

作り方

ナスの下処理

ナスのヘタを取り、皮を剥きます。

続いて薄く輪切りにして、水に10分間浸して、あくを抜きます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

この後、耐熱容器に移して浸る位の水を入れてナスの色が透明になる程度までレンジで加熱します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

人参の下処理

人参は皮を剥いて、適当な大きさに切り分け、耐熱容器に入れて少量の水を加えて600Wで2分間程度加熱します。

レンジのラップはふわっとかけるか、穴を空けるようにしましょう!最近はつまようじで穴をあける感じにしています!この一工夫だけでレンジ調理が結構安全になります(*´ω`)

レンチン時のラップはふわっとかけるべき3つの理由

ペースト処理

ナスと人参の下処理が終わったら、フードプロセッサーに入れてペーストにします。人参の粒感が荒いと食べづらいので、先に人参を処理してからナスを加えてペーストにしました!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ペーストにしたら、製氷トレイに入れて冷凍します。

16個分なので400 gの離乳食が出来ました!

別途作っている、肉類の離乳食と合せると、良い感じの離乳食になると思います(*´ω`)

まとめ

今回は、ナスと人参を使って、離乳食を作ってみました。

ポイントはナスの加熱加減と、人参の粒感なのかなと思います。いずれもハンドブレンダー(フードプロセッサー)で、調整出来ます。離乳食を作るときにあると楽ちんなので、時短したい方は試してみてください!

関連

離乳食の粒感を変えたい(離乳食の初期⇒中期の粒度を調整したい)場合は、フードプロセッサーを使う順番を変える事で調整が可能です!

フードプロセッサーの使う順番を変えてサツマイモの離乳食(中期)を作ってみた

 

といったところで今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-離乳食
-

© 2020 ぷーさんの閃考