ホットクック 離乳食

オクラxしらすx豆腐の離乳食を作ってみた

2020年9月9日

ゆーはち@子育てパパ

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ、利用した子供の遊び場等を紹介してます!

あなたは子供の離乳食作りに悩んでいませんか?

最近、仕事から帰ってくるとご飯を食べて、そこから離乳食を作るという生活サイクルが出来つつあります。数日前に作った真鯛の離乳食の冷凍在庫があと1ブロックという状況でタンパク質系の離乳食が枯渇してきたので、今日はしらす・豆腐というタンパク質を摂取出来る具材を使った離乳食を作ってみたのでご紹介します!

こんな方におすすめ

  • 簡単に離乳食を作りたい人・作らせたい人
  • 初期から中期の離乳食を作りたい方

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

オクラxしらすx豆腐の離乳食を作ってみた

分量

具材分量
オクラ8本(70 g位)
しらす100 g程度
絹ごし豆腐250 g程度

作り方

オクラの下処理

オクラはうぶ毛を取るべく、まな板の上で塩もみをしてころころします。取り終えたら水で塩を流し、額の部分を包丁で面取りする感じで切り取ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

野菜は茹でるとゆで汁に栄養素が逃げて行ってしまうので、これを考慮して、ホットクックの蒸し板機能を使って蒸します。ホットクックのコマンドは「手動で作る→蒸し板を使って蒸す→3分でスタート」です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

茹で上がったら、粗熱を取った後に、半分に切って種を取りました。今回の離乳食づくりで大変だったのはここですね。ねばねばするし、中々手ごわかったです。

しらすの下処理

しらすは、茹ですぎると臭くなるので、熱湯に数秒付けこむことで処理しました。

豆腐の下処理

豆腐は水をきったのち、耐熱容器に入れて、レンジで600W設定で2分間加熱し、湯豆腐にします!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ペースト処理

オクラとしらすと豆腐のそれぞれの下処理が終わったら、ハンドブレンダーの容器に入れてペーストにしていきます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

出来あがったペーストを専用の製氷トレイに入れて冷凍します!今回は15ブロック(375 g)程度出来ました(^^♪これで1週間くらいはもつかな(*´з`)

まとめ

今回は、ホットクックとハンドブレンダーを使って、オクラとしらすと豆腐を使った離乳食を作ってみました!

ホットクックやハンドブレンダーは、気になった方は試してみてくださいね!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@子育てパパ

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ、利用した子供の遊び場等を紹介してます!

-ホットクック, 離乳食