商品紹介 育児

レインフォレスト・ジャンパルーを使ってみた感想

おはこんばんにちは、赤ちゃんグッズに対して財布の紐がかなーり緩くなっているぷーさんです。

赤ちゃんが4~5か月頃にレインフォルスト・ジャンパルーという、赤ちゃんがぴょんぴょん跳ねて遊べるおもちゃを購入しました。導入してから2か月強が経ち、このジャンパルーの感想が蓄積されてきたので、ポジティブ・ネガティブに分けてご紹介します。

ジャンパルーを使った感想:ポジティブ編

赤ちゃんがぴょんぴょん楽しく遊ぶ

5か月で使いだしたときは、足が地面にぎりぎりつくかつかないかぐらいでしたが、それでもなんだか楽しそうに遊んでいました。

慣れてくると、ぴょんぴょんと跳ねていて観ると癒されました

料理の際などに置ける

まだ、うちの赤ちゃんはそこまで行動範囲が広くないのですが、寝返りと回転を駆使して結構遠くまで移動する様になりました。これから、ずりばいやハイハイが始まると、目が離せなくなる一方だと思います。

そんな中、ジャンパルーに入れておけば、楽しく遊んでくれるし、他の場所に移動することも無いので、安心して遊ばせることが出来ます

夕ご飯の仕度など手が離せない作業をするときなどに、重宝しています。

ジャンパルーを使った感想:ネガティブ編

場所をとる

円形なのですが、直径は1m位あるのと高さも同じく1m位はあるので、結構場所をとります。

リビングに置いているのですが、置き方が悪いとテレビが観にくくなりました。

足を入れにくい

中々赤ちゃんが足を入れにくいんですよね。慣れるまでは、上手く足を入れられなくて赤ちゃんが泣いてしまったりしました。

ちなみに足を抜く時、ほぼ100%裏返ります('ω')

うんちをすると惨事になりやすい

赤ちゃんは、基本どこでもうんちをしますが、ジャンパルーの中でうんちをするとぴょんぴょん暴れるだけあって、オムツの中もえらいことになっている場合があります。

ジャンパルーできばっている様子があれば、ジャンパルーから直ぐに下ろした方が良いかもしれません。

使う面が限られる

このジャンパルーは3方向に遊びグッズが取り揃えらえているのだけど、遊具の実用性に偏りがあるんですよね。

1面だけリッチになっていて音が出たり、シャカシャカ回転ギミックがついていて楽しく遊べるのですが、それ以外の面は赤ちゃんに大分握力が使えないものだったり、劣化版みたいな感じでちっとも面白くない面だったりします。

なので、この為、面ばっかり使うことになります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

入手する際の注意点

この商品、使う時期が限られる為か、結構メルカリで売られています。うちも4500円で売られていたときに買いました。しかし、送料が2000円位かかり、新品を買うのとあまり変わらない出費でした。

なので、下手に中古に手を出すよりも新品を買った方が良いかなと思いました。

まとめ

ポジティブな点、ネガティブな点をご紹介してきましたが、総論としては買って良かったなと思える商品です。

気になった方は試してみてくださいね!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-商品紹介, 育児

© 2020 ぷーさんの閃考