ホットクック 妊娠・出産・育児

レンジとホットクックとハンドブレンダーを駆使して「カボチャの離乳食」を作ってみた

おはこんばんにちは、最近離乳食職人のぷーさんです。

今回は、レンジ、ホットクック、ハンドブレンダーといった文明の益を使って、赤ちゃんが好きな「カボチャの離乳食」を作ってみました!

こんな方におすすめ

  • 簡単に離乳食を作りたい人・作らせたい人
  • 初期から中期の離乳食を作りたい方

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

レンジとホットクックとハンドブレンダーを駆使して「カボチャの離乳食」を作ってみた

分量

具材分量
カボチャ1/2個
200 ml

作り方

先ずはカボチャの皮を剥きやすくしたり、切りやすく為にレンチンします。600Wで2分でスイッチオン!赤ちゃんはカボチャの皮を消化しきれないそうなので、ピーラーで剥きます。

レンチンで柔らかくなっていたものの、カボチャの皮が固くて、彫刻をしている気分でした('ω')

その後、カボチャを細かく切ってホットクックの蒸し板に乗せ、水200 mlを加えます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

手動で作る→蒸し板を使って蒸す→15分でスタートです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ホットクックが無い方向け

  • レンジを使う・・・1/2だと600Wで9分間程度です
  • 煮る・・・10分程度(菜箸が刺さる位)※煮汁はβカロチンなどの栄養素が溶け込むので、ペーストする際に使いましょう!

 

 

ホットクックの調理が完了したら、ハンドブレンダーでペーストにします。大分粘度が高いので、お湯を加えて様子を観ながらペーストにしました。ハンドブレンダーが無い場合は裏ごししましょう!出来あがったペーストを専用の製氷トレイに入れて冷凍します!熱いまま冷凍庫へそのほうが、冷凍スピードが早いし(ムペンバ効果)、美味しく解凍が出来ます。但し、他の冷凍具材からは遠ざけて冷凍させましょう!

スライドショーには JavaScript が必要です。

凍ったら、製氷トレイから出してジップロックなどに入れて冷凍保存します。

こちらの製氷トレイは1個25 g位なのですが、実際に使うときはレンジで600Wで30秒で解凍すると食べやすい温度になります!

まとめ

今回は、レンジとホットクックとハンドブレンダーを使って、カボチャの離乳食を作ってみました。

ハンドブレンダーは、料理でも離乳食でもあると便利なので、気になった方は試してみてくださいね!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-ホットクック, 妊娠・出産・育児
-

© 2020 ぷーさんの閃考