ヘルスケア

歯磨きの常識を新陳代謝しよう!

小林 祐也(ゆーや@ライフハッカー)

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「健康の常識を新陳代謝しよう!

最適な歯磨きとは如何なるものか?

これまで、この問いを重ねて色々と歯磨きについて調査してきた結果として知りえた情報やノウハウを整理してみたので、共有します!

こんな方におすすめ

  • 歯を大切にしたいと努力をしている方
  • 虫歯を作らない歯磨き方法を知りたい方
  • 歯の寿命を短くしたくない方

「歯磨き粉」の常識を新陳代謝しよう

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

歯磨きは歯磨き粉でするモノ

新常識

歯磨き粉は有害成分を含む為、必ずしも正解ではない

まずは、歯磨きで慣れ親しんでいる歯磨き粉に関する常識です。

歯磨き粉の有害成分に注意!

歯磨きは、歯磨き粉を付けてするものその常識が私にもありましたしかし、本当に歯磨き粉を使うことが歯磨きで最適な方法なのか

これが疑問であった為、市販の歯磨き粉について調べてみた所、歯磨き粉の中にはたくさんのリスク成分が潜んでいることがわかってきました。代表的なモノをご紹介しましょう。

ラウリル硫酸Na=味覚障害を誘発する合成界面活性剤

市販の歯磨き剤は、ほぼすべてに合成界面活性剤が配合されています。合成界面活性剤は泡を立てて歯の表面を洗浄するためのもので、一般的には、ラウリル硫酸Naという化合物が使われています。このラウリル硫酸Naですが、かなり毒性の強い物質です。

飲み込むと有害
皮膚に接触すると有害
眼刺激
皮膚刺激
呼吸器系への刺激のおそれ
水生生物に毒性

引用:国際化学物質安全性カード (ICSCs)

上記のように、かなりの有害性を持ちます。飲み込むと有害だったり、皮膚に接触すると有害だったりと、歯磨き粉の成分としては不適切な気がしますねw

市販の練歯磨を用いて歯をみがいたあと,味覚変化や味覚低下の生じることが報告されており,この作用は歯磨中に含まれている界面活性剤ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)によるであろうと見做されている

引用:界面活性剤の味覚神経反応におよぼす影響 歯基礎誌  19: 463-468, 1977

また、味覚変化や味覚低下も歯磨きの後にしばらく食べ物の味がわからなくなるのも、このラウリル硫酸ナトリウムが原因と考えられています。一説には、舌の味らい(味を感じる細胞)を一時的に溶かしているからだとか。

パラベン=ミトコンドリア毒性を持つ保存料

歯磨き剤の多くには、保存料のパラベンが使われています。

 現在までにパラベン類はアルキル側鎖が長い程抗菌作用が強いことが確認されているが,ミトコンドリア呼吸阻害作用(ミトコンドリア毒性)の強さもMPBおよびPPBについても一致する事から両パラベンのカビ,酵母等の真核生物に対する静菌作用発現機序の一つにミトコンドリア呼吸阻害作用が含まれることを示唆している。
MPBおよびPPBがミトコンドリア呼吸阻害作用を示すことが再確認された。その作用は協力ではなく,また容易に加水分解される性質上,人体への影響は少ないと考えられるが,禁煙パラベン類には一日摂取許容量(ADI)以下の濃度でエストロゲン様作用があることも確認されており,長期的な視野で多量の摂取は控えることが望ましい。

引用:鹿児島純心女子大学看護栄養学部紀要 Vol.17:59~64,2013

このパラベンですが、上述のように抗菌作用として細菌やカビなどの増殖を抑制すると同時に、ミトコンドリアに対する毒性も持ちます。引用文でも「長期的な視野で多量の摂取は控えることが望ましい」されていますように、ミトコンドリアの機能障害は、癌、糖尿病、神経変性、虚血などの多くの病態に関与することからも、出来れば摂取しないほうが良いでしょう。諸刃の剣みたいな感じですね。。

サッカリンNa=糖尿病を誘発する香味料

香味剤としてサッカリンNaが配合されているものが多くあります。合成甘味料の一種で、食品添加物としても使用が認められています。

マウスにブドウ糖または人工甘味料の一つであるサッカリンを投与すると、サッカリンを投与されたマウスでは、糖負荷試験で耐糖能異常(注)を認めた。

(中略)

ヒトにおいてもサッカリン投与により耐糖能異常を認めたものでは投与前後で腸内細菌叢の変化を認め、投与後の腸内細菌叢をマウスに移植することで耐糖能異常を引き起こすこと、などの結果から、サッカリンによる腸内細菌叢の変化により耐糖能異常が生じていると考えられた。

(注)耐糖能とは血糖値を正常範囲に保つ能力のことであり、糖尿病ほどではないが血糖値が正常よりも高い状態を耐糖能異常という。耐糖能異常があると、将来糖尿病に進展する危険が高く、また耐糖能が正常の者よりも動脈硬化が進行しやすい。

引用:独立行政法人農畜産業振興機構

ですが、上述にあるように、糖尿病を引き起こす可能性がある物質です。

20180925_1705147339517825415812234.jpg
家に置いてあった歯磨き粉。

歯磨き粉を使わない方法

こういった情報を知ると、歯磨き粉を使いたくなくなりますよね。では、代替品としてどのようなものが使えるかについてご紹介しておきましょう。

歯磨き粉の代替品

  1. 重曹
  2. マイナスイオン歯ブラシ

どれも意外なアイテムと驚く方もいらっしゃると思います。

その機構は次項以降で、ご紹介していきます。

虫歯のプロセスの常識を新陳代謝しよう!

次に虫歯とは何か?を調査してわかったことです。

常識の新陳代謝ポイント

旧常識

虫歯は不可逆反応である(治療する必要がある)

新常識

虫歯の初期は可逆反応である(治療せずに治る)

あなたは虫歯ってなってしまったら自分で治せないって「不可逆的なプロセス」のイメージがないですか?実は虫歯はある状態までは自分で治すことが出来る「可逆的なプロセス」です。

この虫歯のプロセスを知っていると、食後時における口内の意識が変わってきます。虫歯をつくりたくないという努力から、歯磨きをしたりキシリトール入りのガムを噛んでいた事が、実は歯の寿命を削っていたという気づきがあるかもしれません。皆さんの努力が報われるように常識をアップデートしていきましょう。

 

虫歯のプロセス

歯垢の付着

食後は口内に常在している細菌が糖を分解・代謝して酸性に傾きます。酸性の状態においては、唾液が歯と歯垢(※)の橋渡しをして結びつけてしまいます

※歯垢=プラーク

菌とその菌が作り出した粘着物質の塊で、組成としては75%が菌、そして残りは菌が作り出した粘着物質。粘着物質はバリアーの役目をなし、唾液の侵入を防ぐ。

歯の脱灰と再石灰化

脱灰=歯垢による歯の腐食

歯垢をそのままにしておくと、歯垢中の菌が食事の際に糖を分解し、酸を排出します。この酸が増え、歯の表面のpHが5.5以下になると歯が溶けます。この歯が溶ける現象を脱灰と呼びます口内のpHが酸性に傾くのは、食後の40分間で、この間は歯が溶け続けているわけです。

この状態での歯磨きはあまりお勧めしません。歯が溶けやすい状況なので、歯磨きをすると歯が削れやすいためです。

再石灰化=唾液のミネラル分を用いた歯の修復

pHが6.0以上の中性領域においては、歯の脱灰が止まります。このpH中において唾液中のリン酸とカルシウムによって歯が修復されます。この現象を再石灰化と呼びます。

虫歯の進行=脱灰>再石灰化

日常生活においては上記の脱灰と再石灰化が繰り返されます。

脱灰量>再石灰化量 の場合に虫歯が進行します

爺 さん
虫歯って不可逆的な事象のイメージがあったけど、実は可逆的な事象なんじゃ
ぼーず
再石灰量を増やすと良いんだね!
爺 さん
そうじゃ

食事をするとその都度、脱灰するやろうから、間食もあまりせんほうがええな

ぼーず
えー、それやだー!
爺 さん
どうしても間食をしたいなら糖分が含まれていないものを選べばよいぞ

ナッツなんかがオススメじゃよ

シロップのついてないやつな

ぼーず
わかったーナッツを食べる!

虫歯の進行度

虫歯の進行度は、歯の部分によってC0~C4までカテゴライズされます。
虫歯のステージ

この図の中の緑色の進行度合いであれば、再石灰化によって治癒が可能です。
進行度の状態・痛みなどを下表に整理してみました。参考にしてください。

虫歯の判定

虫歯は、見た目では判断できないそうです。黒くても虫歯ではない可能性があります。気になっている方は歯医者にいきましょう。

歯石の生成

歯垢は除去しないで放置すると、唾液中成分のリン酸とカルシウムが沈着し、どんどん堅くなります。そして、そのまま放置すると2~14日をかけて歯石になると言われています。歯石になってしまうと歯医者さんにいかないと除去が出来なくなってしまいます。

爺 さん
ぼーずはガムを噛んでおるのかい?
ぼーず
そうだよ、キシリトール入りのガムで虫歯を予防してるんだ。唾液もたくさん出るから効果的でしょ?
爺 さん
確かに唾液は効果的だが、歯垢がある場合は歯石をつくる場合もあるんじゃぞ
ぼーず
えー、それを早く言ってよ!歯石が出来るとどうなるの?
爺 さん
歯石が出来るとすぐに歯ぐきから血が出るし、臭いも出るし最悪じゃぞ

特に下前歯の裏は、唾液線の前なので、歯石が出来やすいから要注意じゃ

ぼーず
わかったーガムはきちんと歯垢を取り除いてから噛むよ

歯磨き方法の常識を新陳代謝しよう!

歯磨き粉や虫歯について知った後は、虫歯を予防する為に効果的な歯磨きの方法やその際にお勧めの歯ブラシなどをご紹介します。

食後のケア:オススメの歯磨き方法

食後は口をすすぐ!可能であれば重曹を含んで!

食べ残しの糖分が口内に存在すると、虫歯菌のミュータンス菌がこれを代謝して、酸を排出します。こうなると、先ほどご説明したように、口内のPhが酸性に傾き、脱灰が進みます。ですので、これを避ける為に、食後はまず口をすすぎ、糖分を除去して歯垢の生成を防ぎましょう。

ですので、食後はまず口をすすぎ、糖分を除去し、歯垢の生成を防ぎましょう。

この時に、可能であれば重曹を口に含みましょう。

重曹(重炭酸ソーダ)は水に溶けると弱アルカリ性(pH=8)を示す塩の一種で、口に含んだり飲んだりしても問題ありません。食後に重曹を口に含むと酸性に傾いた口内のpHを中性に持っていくコトが出来、脱灰を止めるには効果的です。また、重曹は研磨性も持つ為口をすすぐだけで、ある程度ブラッシングを兼ねる事ができます。

重曹を用いる際は、掃除用ではなく、薬用や食用のモノを選びましょう。重曹を口に含むなら脱灰が起こりやすい食後~20分以内のタイミングで行うとよいです。

油を口に含む!?

また、オイルプリングというインドの伝統医学・アーユルヴェーダの自然療法を起源とする「オイルで口をすすぐ」健康法があります。

口内に生息する菌の大多数は単細胞で、脂質の膜で覆われています。油(脂質)と水を混ぜようとしても分離し混ざりませんが、油と油はお互い引きつけ合い、一体化します。脂肪酸を口に含むと歯肉の奥に潜む歯垢も取り出しやすくなります!油でお勧めなのはカメリアオイルです!