ノウハウ

知られざるペイントの「色2」機能

小林 祐也(ぷーさん)

未来志向と戦略思考が強みの30以上のプログラム言語を経験した外資コンサルタントSE

おはこんばんにちは、ゆーやです。

先日、「赤ちゃんに教えてもらったショートカットキーシリーズ」でペイントにキーボードで線を描く方法をご紹介しましたが、この際に他にも面白い裏技が無いか調べたところ、色2機能が面白かったので、ご紹介します。

こんな方におすすめ

  • Windowsのペイントをよく利用する方

色2とは?

今回、私が色2としてご紹介するのはペイントの次の赤枠で示した機能のことです。

色2を設定することで出来るコト

この色2を設定することで、各機能の仕様が変わります。

「ブラシ」の挙動

左クリックでを押下すると、色1で線が描けて、右クリックを押下すると色2で線が描けるようになります。

各種「図形」の挙動

各種図形を描画するときもブラシと同じで、左クリックでを押下すると色1で描画出来て、右クリックを押下すると色2で描画が出来ます。

「塗りつぶし」の挙動

塗りつぶしも、ブラシと同じく、左クリックを押下すると指定した範囲を色1で塗りつぶし、右クリックを押下すると指定した範囲を色2で塗りつぶせます。

「消しゴム」の挙動

ここから結構面白い挙動になります。

左クリックを押下すると、色2でブラシを描くような挙動になり、右クリックを押下すると、色1を色2に変えるような挙動に成ります。

この、右クリックの挙動はビックリしました(; ・`д・´)

「選択」の挙動

そして、選択の挙動も面白いです!選択して移動して残ったエリアの色が色2になります。

まとめ

ということで、今回はペイントの色2の面白い挙動をご紹介させて頂きました。

利用シーンはあまりない気がしますが、知っていると話のネタになっていいかなと思います。

気になった方は、試してみてくださいね('ω')

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ノウハウ
-