ヘルスケア

胡桃はオメガ3の摂取に向いていない

puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

おはこんばんにちは、ぷーさんです。

今日は、胡桃ってオメガ3の摂取に向いていないよという話をします。

こんな方におすすめ

  • オメガ3を正しく摂取したい方

胡桃にはオメガ3が含まれるがオメガ6も含まれる

オメガ3という不飽和脂肪酸は、1980年代から着目されていて、必須脂肪酸として摂取することが健康や美容に良いよみたいな話がされることがあります。

これに乗っかって、胡桃ってオメガ3が含まれているから、オメガ3食品で良いよ!みたいにアピールされることがあります。確かに胡桃にはオメガ3が含まれるので、この主張は間違ってはいないのですが、それ以上にオメガ6を摂取してしまいます。

オメガ3を摂取したほうが良い理由

オメガ3を取った方が良いよという理屈は、オメガ3とオメガ6の理想摂取比率が1:2であるにも関わらず、現代の日本人の食生活はオメガ6に偏っていて、1:5位になっているというところに起因します。何故、この比率が重要かというと、オメガ3とオメガ6の両者は、体内で対抗するように働きをする為です。

オメガ6は病原菌と戦う為に、白血球を活性化させ、血液を凝固させたり、体内の炎症を促進したりする働きがある一方で、オメガ3は、白血球の働きを抑え、血液をさらさらにし、体内の炎症を抑える働きがあります

この脂肪酸のバランスが崩れて、オメガ6が過剰になると、血が固まりやすくなり高血圧系の疾患が産まれやすくなったり、アレルギーになりやすくなります。

胡桃を食べるほどオメガ3とオメガ6の理想摂取比率が遠ざかる

胡桃はオメガ3を摂取出来るというのは間違いないのですが、オメガ3とオメガ6の比率は1:4位の割合なので、食べれば食べるほどオメガ6を多く採る事になってしまい、理想からかけ離れていってしまうのです。

なんでこんな説明をしたかというと、私自身がオメガ3を摂取しようとして、胡桃を食べていた時期があるのですが、オメガ6も含まれているのを知らなくて愕然としたことが有った為です。

まとめ

オメガ3を摂取しよう!ということで、調査して胡桃に辿りついた方、オメガ6も含まれているので気を付けてくださいね!ということでした。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

ヘルスケアスマートホームをはじめとするライフハック発信し、常識の新陳代謝を促しています!

-ヘルスケア

© 2021 ぷーさんの閃考