ゲーム

NoxPlayerでゲームアプリがスマホを占有する状況を解放する

最近、ロマサガRSの1.5周年イベントがやっていたので、期間だけカムバックしてみました。

ロマサガRSは1年位前?にバグが酷すぎて、運営をディスった記事を書いたんですが、かなり改善されていました。

で、ちょっと楽しいなと思って自動化プレイを楽しんでいました。そうしたら、スマホをゲームが占有してしまっていて、他の情報収集に支障が出そうだったので、PCにゲームを移送出来ないかを試すべく、NoxPlayerというツールを試してみる事にしました。

ロマサガRSに習うユーザーの心離れを招く運営

 

NoxPlayerでゲーム自動化してみた

FRepは動作が重くなるし、スマホを占有する

私のスマホはAndroidなのですが、アプリを自動化する際にはFRepというアプリを使っていました。FRepは、結構設定が手間でして、PC(や別の端末)と一度疎通をする必要があります

設定が済んで自動化していると、ロマサガRSかFRepのどちらがメモリリークしているかわかりませんが、動作がとても重たくなっていくという特徴があります。

結果、再起動することになるのですが、そうするとまたPCと疎通する必要が発生して結構手間でした。

また、実行時にアプリを開いている必要があって、スマホを占有することになって、他のことが出来なくてストレスになりました。

NoxPlayerをインストールしてみた

そこで、NoxPlayerをインストールしてみたのですが、設定は超絶簡単でした。さらに、自動化の仕方もすごく簡単で、Frepの10倍位は簡単に設定することが出来ました

NoxPlayerのインストール自身はこちらのページを参考にしました。自動化は「スクリプト」という機能から出来ました。

画像はAndroid版のロマサガRSをNoxPlayerでエミュレートしたもの

NoxPlayerを使った自動化はスマホでの自動化と違って、アプリをバックグラウンドで開いていればよくて、並行してブログを書いたりWebサーフィンが出来たりするので快適です。

マルチプレイ機能で複数のアプリを起動することも出来るので、二つのゲームを楽しみたい方はこちらでも可能です。

但し、複数起動を行うと処理落ちしましたので、やりたい方はPCのスペック増強が必要そうです。

NoxPlayerでスマホ占有を解除して思ったコト

脳内メモリは占有されたまま

NoxPlayerを使って、ロマサガRSのスマホ占有が解除して思ったこと。

それは・・・

 

脳内メモリの一部がロマサガRSのことで占有されているコト!

 

この思い自身は、スマホ占有の解除前からあったのですが、次のような脳内メモリの占有は解除されませんでした。

  • 上手く自動化アプリが動いているかな?
  • そろそろスタミナ切れになっているから、自動化のスイッチを押し直した方が良いかな?
  • どの位キャラクターが成長しているかな?

脳内メモリの占有の解決方法は、ゲームを辞めてしまうのが一番手っ取り早いのですが、たぶんイベントが終わってやることが無くなって飽きた時にしようと思います。そのころ迄の脳内メモリ占有問題の対策としては、気がかりとなっている自動処理の不安定さやスタミナ切れ時のところも含めて自動化の整備を掛けようかなと思っています。

スマホを"電脳"と捉えた際の思考戦略

ゲームの楽しみ方が変わってきている

別の記事でも書いたのですが、改めてゲームの楽しみ方が変わってきているのを感じました。

昔はゲームで自動化することは悪いコトで、自動化したプレイヤーはBAN(禁止)行為をしたと見做されてアカウントが消されたりしました。しかし、最近のゲームでは、むしろ如何にしてうまく自動化するかが楽しみ方になってきているように思います。

これは、仕事でも自動化が叫ばれるようになった背景もあるのかなと思います。ゲームを通じて、どうやれば自動化が出来るかという訓練を遊びながら取り組めるのは良い事だなと思います。

これまでの経験で、ゲーマーで出来ないSEはあまりみたことがないです。これはゲームの中で、いかに生産性を上げて効率化をする思考訓練を遊びの中で覚えたからだと思います。今後は機械的な作業のほとんどがRPA等で自動化されていく世の中になりますが、その取り組みの中で今のゲームでの自動化で楽しんだ取組が活かされてくるのではないかと思います。

ゲームの未来をテクノロジーの進展で紐解く

まとめ

まとめます

  • 機械的な作業のRPAなどを使った自動化業務を行う際に、昨今のゲームの自動化の楽しみ方が役に立つ
  • ゲームがスマホを占有しているような状況が発生している場合は、NoxPlayerを使ってスマホ占有を解除!
  • スマホ占有を解除しても脳内メモリの占有は解除されない場合は、自動化を精緻化することで緩和!
  • 飽きる迄突き詰めてゲームを辞めて脳内メモリを解除しましょう!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
game.puusenkou

小林 祐也(ぷーさん)

3歳からずっと35年間ゲームで遊び続け、学生時代は廃人化したほどの生粋のゲーマー

-ゲーム
-,

© 2020 ぷーさんの閃考